商社

全て 名詞
2,307 の用例 (0.01 秒)
  • 御承知のようにベトナムでは日本人商社員が危険な目にあっております。 立原正秋『血と砂』より引用
  • 商社は常に商品の高度化に即応できる体制を備えていなければならない。 森村誠一『腐蝕の構造』より引用
  • 少なくとも彼は日本商社の一現地スタッフで終わるような人材ではない。 楡周平『マリア・プロジェクト』より引用
  • その新聞に私は総合商社を舞台にしたオフィスラブ物語を連載していた。 阿部牧郎『オフィスラブ――甘い誘惑』より引用
  • 加藤は地元の建設資材商社である土佐屋の社長を務めていた人物である。
  • だがパルティザンは何を理由にこの二人の商社員を射殺したのだろうか。 木村裕主『ムッソリーニの処刑』より引用
  • なお、それまでは総合商社の日商岩井が日本市場の販売を担当していた。
  • 日本の総合商社はマーチャントバンクに大変類似しているとも言われる。
  • それだけにここでは外国の高級軍人や外国商社員らが足しげく出入りした。 光瀬龍『所は何処、水師営 SF西郷隆盛と日露戦争』より引用
  • インドネシアの民主化のために、なんて考えている商社はどこにもない。 野村進『アジア新しい物語』より引用
  • そのホステスを知ってた商社の奴が中東で見たっていうんだ、その女を。 大沢在昌『深夜曲馬団』より引用
  • 勤務先の商社では、営業部門で、自動車部の課長補を務めているという。 夏樹静子『紅い陽炎』より引用
  • そうそう、どこかの商社に勤めてて自分の会社の自慢ばっかりしていた。 山本文緒『きっと君は泣く』より引用
  • 商社の取扱商品の多様化とともに、その機能も多角化高度化されてきた。 森村誠一『腐蝕の構造』より引用
  • 産業機器を扱う商社が被害データを集めるのは不思議なことではない。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • その他にも商社系・メーカー系・ゼネコン系・金融系企業などがある。
  • おれはこの間まである大手の総合商社の部長の家にわれていたのだ。 井上ひさし『ドン松五郎の生活』より引用
  • 五十半ばの主人は市内の大きな商社に勤め、二人の娘はそれぞれ結婚していた。 三浦綾子『続・氷点』より引用
  • 大きな机があり、本棚には、商社の社員らしく、外国語の本が多かった。 西村京太郎『EF63形機関車の証言』より引用
  • この顎の長い男はいよいよ商社の人間にちがいない、と書記は思った。 松本清張『赤い氷河期』より引用
  • 次へ »

商社 で始まる単語