商業

全て 名詞
20,278 の用例 (0.03 秒)
  • 己は十四の春、中学は嫌だ商業学校なら入るといって自分から主張した。 島田清次郎『地上』より引用
  • ラジオ放送がアメリカで商業化されたのは、一九二〇年代のことである。 浜野サトル『新都市音楽ノート』より引用
  • 日本の商業的な部分にスポットを当てたものが増えたのはこの頃からだ。 菅野朋子『好きになってはいけない国。 韓国発! 日本へのまなざし』より引用
  • 都市には商業組合があり、港や市場にはその管理事務所が置かれている。 西東行『鳥は星形の庭におりる』より引用
  • 本来の資本主義は商業資本主義ではなく、生産と産業の資本主義である。 今村仁司『増補 現代思想のキイ・ワード』より引用
  • 学校や会社など商業建築が半分、マンションなどの住宅が半分だろうか。 石田衣良『少年計数機 池袋ウエストゲートパーク2』より引用
  • 彼はその計画の商業的価値についてはいささかも疑いをいだかなかった。 ドストエフスキー/北垣信行訳『カラマーゾフの兄弟(2)』より引用
  • 彼はその時私が商業と商人について言ったことが少し強過ぎたと言うのだ。 ベルナノス『田舎司祭の日記』より引用
  • わしは中学校を出てからすぐこの上にある神戸高等商業へ行きました。 筒井康隆『原始人』より引用
  • 商業の利益で城をたてたという話は、古今きいたこともないではないか。 司馬遼太郎『国盗り物語』より引用
  • 皇帝から新しい条約だの商業協定だのが届かない日は一日とてなかった。 エディングス『ベルガリアード物語4 魔術師の城塞』より引用
  • 私にとって商業の長所と見うるものは、その冒険的企業心と勇気である。 ソロー/神原栄一訳『森の生活』より引用
  • 田舎いなかの商業学校を出ただけだけど、子どもの頃から本を読むのが好きでね。 阿刀田高『待っている男』より引用
  • そこは北の商人たちにも商売の許可がおりている川ぞいの商業地帯だった。 エディングス『マロリオン物語03 マーゴスの王』より引用
  • 信長のように商業に目をつけるような感覚のもちぬしは、たれひとりない。 司馬遼太郎『国盗り物語』より引用
  • 資本主義という経済体制は単に市場経済ではなく、単に商業経済でもない。 今村仁司『増補 現代思想のキイ・ワード』より引用
  • そして商業的にも、フランス料理風アメリカ料理の全盛期がやってきた。 本間千枝子『アメリカの食卓』より引用
  • たしかに、多くの知識人がいて、大きな個人的、商業的文明は存在した。 ウエルズ/水嶋正路訳『解放された世界』より引用
  • すべての資本主義は商業主義であって、何事よりも利得が主眼なのです。 柳宗悦『民芸とは何か』より引用
  • と云うのは、もし私が商業上で失敗したら、困ったことになりますからね。 三上於菟吉『黄色な顔』より引用
  • 次へ »

商業 で始まる単語