商家

全て 名詞
1,823 の用例 (0.02 秒)
  • いっそ、その商家の娘と結婚したほうがいいんじゃないんでしょうかね! ドストエフスキー/北垣信行訳『貧しき人びと』より引用
  • 父はフランス南部の農村の出であり、母はパリの商家の生まれであった。 バルザック/佐藤朔訳『従妹ベット(下)』より引用
  • 商家ではあるが、かなり上流の家柄で女子の相続が認められているのだ。 井上祐美子『五王戦国志7 暁闇篇』より引用
  • この人がいたから、この商家は繁盛してきたのだとバルサは思っている。 上橋菜穂子『守り人シリーズ05 神の守り人 来訪編』より引用
  • あの商家の小僧さんのように何故自由な生活ができないのかとさえ思った。 室生犀星『幼年時代』より引用
  • 商家の小僧らが表に水をまいたり、女中らが拭き掃除をしたりしていた。 室生犀星『或る少女の死まで』より引用
  • 用のなくなった者からどんどん江戸へ戻るというのは商家の智恵であった。 平岩弓枝『御宿かわせみ 12 夜鴉(よがらす)おきん』より引用
  • そばに来たのはやはり商家の下女といった身なりの十七、八の娘だった。 藤沢周平『日暮れ竹河岸』より引用
  • 店の硝子戸はこの町の商家のならわしに従って一枚残らず開かれていた。 井上ひさし『四十一番の少年』より引用
  • 東吾が目をつけた商家の女房風の女は、その男に近づいて挨拶をしている。 平岩弓枝『御宿かわせみ 23 源太郎の初恋』より引用
  • 賭場には商家の者も多く出入りしていたので南町に後処理を頼んでいる。 高橋克彦『だましゑ歌麿』より引用
  • 後ろで商家の女房ふうの女が連れの女と話している声が聞こえた。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 黒く塗れ』より引用
  • 商人司争いでは各商家がそれぞれ別の町を担当し発展させていくこととなる。
  • 私のほかには商家の小僧らしいのが二人はいっているきりであった。 岡本綺堂『綺堂むかし語り』より引用
  • 商家はそれぞれに店棚を前面に出し、道行く人に大声で呼びかけている。 山田正紀『闇の太守 御贄衆の巻』より引用
  • 幕府はこの商家を唐人参座に指定し、江戸での唐人参販売を独占させた。
  • ふと見ると、目のまへの町角に、並はづれて高い商家の建物があります。 鈴木三重吉『勇士ウ※[#小書き片仮名ヲ]ルター(実話)』より引用
  • 甚兵衛も妻を商家からもらって、夫婦の間に常太郎という一人息子がいる。 平岩弓枝『御宿かわせみ 18 秘曲』より引用
  • わたくしは或日先生の使に海賊橋辺の商家に往つて、金六十五両を借りた。 森鴎外『伊沢蘭軒』より引用
  • 伝統的な商家においては、女性が主人になることは通常あり得ない。
  • 次へ »