商売に手を染める

7 の用例 (0.00 秒)
  • 戦時中に物資が乏しくなると、闇商売に手を染めるのにも躊躇はしなかった。 高井有一『立原正秋』より引用
  • 士族の一部には王宮勤務とは別に商売に手を染める者がいる。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • 侍が商売に手を染めるてえのが、そもそもご法度はつとなんです。 浅田次郎『壬生義士伝 下』より引用
  • 僕はこういう商売に手を染めるのは恐ろしかったが、しかし何かしら仕事がなければ食う道がない。 谷崎潤一郎/種村季弘編『美食倶楽部 谷崎潤一郎大正作品集』より引用
  • なにもみずから商売に手を染める必要はない、あなたがたの持っている金を一時廻してくれさえすれば相当の利息をつけてお返しする、といってくれる人間もいたが、そこまで他人を信用することが兄弟にはできなかった。 綱淵謙錠『斬(ざん)』より引用
  • 卵の値段がはね上がることをいち早く見越した山師どもは、必ず鶏卵商売に手を染めるであろうから。 森福都『長安牡丹花異聞』より引用
  • 学院長の名を無断借用して怪しい商売に手を染める者も居れば、学院長にもたらされる権益のおこぼれにあずかろうと揉み手をしながらすり寄ってくる者も居る。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第2話』より引用