商会

全て 名詞
3,280 の用例 (0.02 秒)
  • こんな商人が小さい商会に収まっているのだから商売の世界は恐ろしい。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅱ (電撃文庫)』より引用
  • 商会の人たちとジルバが話してたから、何か取引でもあったんでしょう。 海原育人『ドラゴンキラー売ります』より引用
  • ロドリゴ商会は無理な資金集めをして、これまで商売してきたのである。 水野良『魔法戦士リウイ 第03巻』より引用
  • 後ろに続いている人間には見覚えがないが、どうせ商会の関係者だろう。 海原育人『ドラゴンキラーあります』より引用
  • エストニア・ガラス器商会のあるビルについたのは十一時五分前であった。 クリスティ/一ノ瀬直二訳『秘密組織』より引用
  • 大きな規模の商会ならば、少なくとも荷物番の荷揚げ夫達がいるはずだ。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅰ (電撃文庫)』より引用
  • 中にはだれでも名前を知っているくらい有名な商会もいくつかあった。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅹ』より引用
  • そもそも私の能力を最初に見込んでくれたのはまた別の商会でしてね。 支倉凍砂『狼と香辛料ⅩⅠ Side ColorsⅡ』より引用
  • もし僕たちがその気になれば、一時間後に三十万フランで商会を売れる。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(3)』より引用
  • そして、こちらの商会であれば密輸した金をさばくルートをお持ちのはず。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅱ (電撃文庫)』より引用
  • 新十郎一行が日本橋の蛭川商会へ案内されたのは二日後のことである。 坂口安吾『明治開化 安吾捕物』より引用
  • そして、ミトリダス商会と書かれた、小さな看板のある店の扉を開けた。 橘香いくの『ブランデージの魔法の城2 魔王子さまと鏡の部屋の秘密』より引用
  • ヴュステ商会へ行く時刻に遅れてしまうし、第一それは拷問ではないか。 かんべむさし『建売住宅温泉峡』より引用
  • あの商会の社長さんがあなたのところにあると言うものですから。 カフカ/飯吉光夫訳『審判』より引用
  • この町であれほど立派な荷揚げ場を確保できるような商会を作ったあなただ。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅱ (電撃文庫)』より引用
  • と、ひとまずはこのようにあの商会での出来事を解体することができる。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅷ 対立の町<上>』より引用
  • その様は町の工房こうぼうとも商会ともちがう、一種独特の雰囲気ふんいきを持っている。 支倉凍砂『狼と香辛料ⅩⅡ』より引用
  • 一八二五年三月二十九日には長年勤務していた東インド商会を停年退職した。 ラム/平井正穂訳『エリア随筆』より引用
  • ジーン商会の主はエーブからの親書を開けながらそう同意を求めてくる。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅷ 対立の町<上>』より引用
  • 例えば、私は同じ質問を商会のあるじなどにしてみたいくらいですから。 支倉凍砂『狼と香辛料ⅩⅠ Side ColorsⅡ』より引用
  • 次へ »