唾液を呑み込む

19 の用例 (0.00 秒)
  • 唾液だえきみ込んでいる鈍い音が、裕子の後頭部のあたりから響いてくる。 神崎京介『禁忌』より引用
  • キスをしながら唾液だえきみ込む時、うめき声に似た高ぶった音をあげる。 神崎京介『禁忌』より引用
  • 仲本は満足感を噛み締めながら、口の底にまった唾液だえきみ込んだ。 神崎京介『禁忌』より引用
  • 先生は怪訝けげんそうな表情でつぶやいた後、ごくりと唾液を呑み込んだ。 神崎京介『禁忌』より引用
  • 唾液だえきみ込む濁った音と鼻にかかった掠れた息遣いが響くだけだ。 神崎京介『禁忌』より引用
  • 岩田はのどが鳴らないように気をつけながら、唾液をみ込んだ。 神崎京介『密室事情』より引用
  • それから口の中に溜まっていた唾液を呑み込んだ。 村上春樹『1Q84 BOOK2』より引用
  • 唾液を呑み込んでいるらしく、喉元のどもとのあたりが上下した。 神崎京介『禁忌』より引用
  • 唾液をみ込む時、ヌルヌルした舌のつけ根が笠を包み込んでくる。 神崎京介『禁忌』より引用
  • 私は緊張して唾液つばきみ込んだ。 夏目漱石『こころ』より引用
  • 若林博士は、そうした私の態度を見下しつつ、二度ばかりゴクリゴクリと音を立てて、唾液つばを呑み込んだようであった。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • 尾田は物凄い手品でも見ているような塩梅あんばいであっけに取られつつ、もう一度唾液を呑み込んで返事もできなかった。 北条民雄『いのちの初夜』より引用
  • 仲本は口の底にまっている唾液だえきみ込んだ。 神崎京介『禁忌』より引用
  • 仲本は口の底にまった唾液だえきみ込んだ。 神崎京介『禁忌』より引用
  • 口の底に溜まった唾液を呑み込む。 神崎京介『禁忌』より引用
  • 北野は口にたまった唾液だえきみ込んだ。 高杉良『呪縛 金融腐蝕列島II(下)』より引用
  • 北野は口にまった唾液だえきみ込んだ。 高杉良『呪縛 金融腐蝕列島II(上)』より引用
  • 唾液を呑み込む音にも神経をとがらせながら、大隊長以下、尺取虫の歩みよろしく、粛々と敵のふところ内に潜入した。 高木俊朗『抗 命 インパールII』より引用
  • 唾液だえきみ込む。 神崎京介『禁忌』より引用