唱歌をうた

7 の用例 (0.00 秒)
  • 時男さんが遊びに来た時、私たち二人は、裏の縁がはへ腰をかけて、一しよに唱歌をうたふことがよくありました。 土田耕平『時男さんのこと』より引用
  • 他の学校から出た生徒達は上手に唱歌をうたひましたが私等のアイヌ生徒も余程上手でした。 知里幸恵『手紙』より引用
  • あらん限りの声を出し、 唱歌をうたふ子をほめてみる。 石川啄木『悲しき玩具』より引用
  • 彼の死をかなしむ若い会葬者たちは、 母親の知らない唱歌をうたつて長い行列をつくつた、 母親はそして心からかう思つた。 小熊秀雄『小熊秀雄全集-04』より引用
  • 私が研究室に入つて行つた時に、大越さんは小聲に唱歌をうたひながら、かちかちと試驗管を觸れ合せて、しきりに尿の檢査をやつてゐた。 水野仙子『嘘をつく日』より引用
  • 御別れの時、本間先生は、しんみりとした調子で、種々御話下さいましたし、玉橋先生は卒業する私等を送って、さらばさらばの唱歌をうたふて下さいました。 知里幸恵『手紙』より引用
  • 斯んな唱歌をうたひながら、元気づいた。 牧野信一『サクラの花びら』より引用