唯一列車交換

13 の用例 (0.01 秒)
  • 津軽鉄道線の中で唯一列車交換可能な駅であり、構内には腕木式信号機がある。
  • また、大糸線の非電化区間では唯一列車交換のできる駅である。
  • 筑肥線非電化区間内では唯一列車交換が可能である。
  • 美濃市駅 - 郡上八幡駅間では唯一列車交換が可能な駅であるため、昔から列車の行き違いが行われている。
  • そのまま山間部を走ると山本-伊万里間で唯一列車交換可能な駅である大川野がある。
  • 廃止時点で、相対式ホーム2面2線を有する地上駅で、廃止直前は途中駅で唯一列車交換可能な交換駅であった。
  • 単線区間では、唯一列車交換が可能である。
  • 全線は4つの駅があり、その中の石岡駅は東勢線中唯一列車交換ができる駅で駅長と駅員が配置されていた。
  • 山川駅 - 枕崎駅間で唯一列車交換設備を有し、指宿枕崎線運行上の要となっている。
  • 山口線の新山口駅 - 山口駅間では唯一列車交換が可能な駅である為、快速「SLやまぐち号」や特急「スーパーおき」が運転停車を行う場合がある。
  • 札沼線の部分廃止直前は浦臼駅と石狩沼田駅の間は1日5往復まで列車本数が削減されていたが、当駅ではこの区間で唯一列車交換が行われていた。
  • 十和田観光電鉄線の中間地点よりやや三沢側にずれた場所に位置するが、十和田観光電鉄線では唯一列車交換が可能な交換駅となっており、七百車両区、七百変電所も併設されている。
  • これは当時萩山 - 多摩湖間において唯一列車交換設備を有した武蔵大和駅が、構造上長大編成の運用に対応することが困難であり、当駅を2線構造化すると同時に、八坂 - 武蔵大和間に回田信号場を新設して代替の交換施設を確保することとなったためである。

唯一列車交換 の使われ方