唯一の公用語

25 の用例 (0.00 秒)
  • フランスは成立から現在に至るまでフランス語のみを唯一の公用語と定めている。
  • ギリシャ語は公的な場所や教育における唯一の公用語であり、最も多くの住民が使用する言語である。
  • 彼らはまた、ヤダフがネパール語を唯一の公用語として認めたことにも反対であった。
  • なお、英語が唯一の公用語であるベリーズにおいても最も話されている言語はスペイン語である。
  • 現在でも万国郵便連合では唯一の公用語である。
  • 英語は2010年まで唯一の公用語であり、現在でも役場や職場などでは英語を使用するのが一般的である。
  • 現行の憲法第二条によると、1992年からフランス語はフランスの唯一の公用語である。
  • スロベニア語はスロベニアの唯一の公用語であるが、イタリア語やハンガリー語などは地域の少数言語となっている。
  • 英語は、イギリスの統治が始まってから1974年までの間、唯一の公用語とされていたが、広東語も事実上の公用語であった。
  • フランス共和国唯一の公用語はフランス語であり、今日のブルターニュでは誰もがフランス語を話している。
  • ただし、それら機関において、フランス語は唯一の公用語ではなく、英語など他の言語と併用されている。
  • 歴史的に見ると、国家は、いかなる代価を払ってでも唯一の公用語を奨励するために言語政策を使ったが、現在では、危機言語を保護する政策を取っている国も多くある。
  • また、唯一の公用語となっていたフランス語に対するオランダ語の地位向上を目指すフランデレン運動が起こった。
  • 英語は、イギリス連邦の唯一の公用語であり、国際連合、ヨーロッパ連合、国際オリンピック委員会の公用語のひとつでもある。
  • 授業に用いられる言語は法律上も慣習上もフランス語ではあるが、フランス領ポリネシアの社会生活でフランス語が唯一の公用語であるとする法の枠内にとどまらず、教育の各段階で児童や生徒にタヒチ語の授業を編成した。
  • の下では、フランス語が公の場での唯一の公用語として強制され、結果としてエリート階層がフランス化し、そしてそれほどではないにしても中産階級のフランス化も生じた。
  • 現在、南米系移民の加速によるスペイン語の台頭に対しカリフォルニア州などでは英語を唯一の公用語として定めた。
  • 原リトアニアでも東スラヴの文化を広く受け入れるようになり、大公国の唯一の公用語として教会スラブ語が採用された。
  • それ以降、フランス語が唯一の公用語となった。
  • ケベック分離主義政党は1976年のケベック州議会選挙に勝利し、1977年にはフランス語をケベック州唯一の公用語と定めて英語の使用を制限した。
  • 次へ »