唇が歪む

20 の用例 (0.00 秒)
  • 進介は何か言い掛けたが言葉にならず、唇が歪むだけだ。 泡坂妻夫『死者の輪舞』より引用
  • 口を開きかけた加治の目が玄関ドアに向かい、唇がゆがんだ。 沢木冬吾『償いの椅子』より引用
  • 乱れた白髪が顔にかかり、ピンクの唇が歪んだ笑みを形作っていた。 毛利『志生子 カナリア・ファイル~金蚕蠱』より引用
  • 佐智子の角張った顔はあごが出ていて、下唇がゆがんでいた。 海月ルイ『プルミン』より引用
  • 隅田は自分の唇がゆがむのを意識した。 半村良『石の血脈』より引用
  • そういわれてみると、白塗りの長い顔の厚い唇がゆがむのが、サイレント映画のドラキュラのようでもある。 小林信彦『夢の砦』より引用
  • ミチルは笑ってみせたが、唇が歪んでいる。 若竹七海『悪いうさぎ』より引用
  • くちびるゆがんだが、感想を述べようとはしなかった。 山本弘/友野詳/高井信『妖魔夜行 深紅の闇』より引用
  • 戦慄が背後を貫き、おれは唇が歪むのを感じた。 菊地秀行『トレジャー・ハンター11 エイリアン魔神国 中』より引用
  • イボタの虫なんて買ひに行くのはイヤだと駄々をこねようと思つたが、へんに唇がゆがんで来るばかりで、口をくことが出来なかつた。 中戸川吉二『イボタの虫』より引用
  • しかし、佐渡の熾烈しれつののしりにつれて唇が歪むのは、やはり、かつて、一度は自分をそういう者だと思った記憶が浮んで来たからにちがいない。 平林たい子『うつむく女』より引用
  • いいかけて、不意に玉子の唇がゆがんだ。 三浦綾子『細川ガラシャ夫人』より引用
  • 憎しみのために唇が歪んでいたとしても、深く刻まれた目尻の皺が小文の若さを損なっていたとしても、耳から顎にかけてのラインは、幼い小文の面影を充分に残していた。 馳星周『不夜城完結編 長恨歌』より引用
  • ソロの唇が歪んだ笑いを浮べる。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『02 最終作戦』より引用
  • 小谷さんのうしろ髪がスーツの肩を流れ、口紅のはげた下唇が歪んで、光を吸い込んだ視線が、一瞬ぼくを凝視した。 樋口有介『11月そして12月』より引用
  • 男の唇がゆがんだ。 イネス/池央耿訳『怒りの山』より引用
  • 王の唇がゆがんだ。 馳星周『夜光虫』より引用
  • 視界の端で、ヤシロの唇が歪んでいた。 入間人間『電波女と青春男 第03巻』より引用
  • 山根のくちびるゆがむ形になる。 小林信彦『素晴らしい日本野球』より引用
  • ややひん曲がった鷲鼻にはちゃんと小さな鼻孔がふたつ開き、皮肉っぽい唇が歪むと、米粒みたいな歯が見えた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター01 吸血鬼ハンター“D”』より引用