哲学

全て 名詞
22,590 の用例 (0.02 秒)
  • のみならずドイツ講壇哲学の体系はこの時初めて設定されたと見ていい。 戸坂潤『科学論』より引用
  • いうまでもなく芸術と哲学とはこの内部生命の表現的努力の二途である。 倉田百三『愛と認識との出発』より引用
  • 実際人々はギリシア哲学とか印度哲学とか支那哲学という名を口にする。 戸坂潤『イデオロギー概論』より引用
  • そこには哲学も宗教も十分に批判されてはいなかったように思われる。 蒲原有明『夢は呼び交す』より引用
  • 氏の哲学を読んだ人は何人も淋しい深い秋の海を思わせらるるであろう。 倉田百三『愛と認識との出発』より引用
  • そういうものから出て来た一つとして社会哲学というものも既にある。 戸坂潤『読書法』より引用
  • どうか、もっと御本を読んで哲学的教養も身につけるようにして下さい。 太宰治『恥』より引用
  • 現代の観念論は解釈哲学のシステムを以て最後の保塁としているからだ。 戸坂潤『読書法』より引用
  • 哲学的に分離せんとしたわれらは再びここに哲学的に結合しようではないか。 倉田百三『愛と認識との出発』より引用
  • ここでは数学的範疇はもはや単に数学のものではなくて哲学のものとなる。 戸坂潤『イデオロギー概論』より引用
  • それは或る種類の哲学に於て用いられて来ている術語「概念」ではない。 戸坂潤『空間概念の分析』より引用
  • 哲学のこの三つの根本契機は決して常に幸福な統一を持つのではない。 戸坂潤『現代哲学講話』より引用
  • 氏は一個のメタフィジシャンとしてわが哲学界に特殊な地位を占めている。 倉田百三『愛と認識との出発』より引用
  • そういう意味では一切の哲学が解釈の哲学だと云っても云い過ぎではないのだ。 戸坂潤『日本イデオロギー論』より引用
  • 社会科学などは哲学に接近している限り文学的なのが当然なのだ。 戸坂潤『思想としての文学』より引用
  • これらの所説の哲学史的の意義については他の哲学書に譲るほかはない。 寺田寅彦『ルクレチウスと科学』より引用
  • このインド哲学の偉大な点は、永遠の概念の構成の当を得ている点である。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • 彼によれば歴史は夫々の時代の思想・哲学に基いて記述されるべきである。 戸坂潤『科学方法論』より引用
  • いく丁斑魚めだかでも満足まんぞくられんなら、哲学てつがくをせずにはおられんでしょう。 チェーホフ・アントン『六号室』より引用
  • では一体自然科学はどこで哲学と区別されるのであるか、と問われるだろう。 戸坂潤『科学論』より引用
  • 次へ »