品物

全て 名詞
6,320 の用例 (0.01 秒)
  • そうしてこれこそは品物に美しい性質を与える原因であると思われます。 柳宗悦『手仕事の日本』より引用
  • しかし私達はこの民藝館をただ古い品物の陳列場にしたくはありません。 柳宗悦『日本民芸館について』より引用
  • 品物を父の寐ている部屋の縁側へ並べて傷がないかしらべたりしました。 久坂葉子『落ちてゆく世界』より引用
  • またこれらの古墳こふんから品物しなもの調しらべてられることはいくらもあります。 浜田青陵『博物館』より引用
  • その午後かれらがごくわずかの値打ねうちしかない品物を売るところを見た。 マロ・エクトール・アンリ『家なき子』より引用
  • 自分の命を品物みたいにあつかわれることに、抵抗ていこうを覚えないのだろうか。 喬林知『今日からマ王 第15巻 「宝はマのつく土の中!」』より引用
  • それでこの前の時のように、品物を買いあつめて、商売のたびに出ました。 菊池寛『アラビヤンナイト』より引用
  • なぜ特別な品物よりかえって普通の品物にかくも豊かな美が現れてくるか。 柳宗悦『民芸とは何か』より引用
  • そして品物と一緒に、弘子の夫である吉田屋の主人の伝言を持って来た。 平岩弓枝『旅路(下)』より引用
  • それに己は金も品物も持っていず、 世間の栄華や名聞も持っていない。 森鴎外『ファウスト』より引用
  • できることなら法務関係者の手には渡したくない品物がひとつあった。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 散らかった品物の間から、いろんな表情をした人たちの顔が現れて来る。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • しかし品物の側から申しますと、若松わかまつ地方の方にずっと心を引かれます。 柳宗悦『手仕事の日本』より引用
  • 今の世中よのなかは何をかうのでも油断をすると悪い品物ばかり押し付けられます。 村井弦斎『食道楽』より引用
  • さうして種々な珍らしい品物を持つて来て町の品物と取り換へて行つた。 牧野信一『不思議な船』より引用
  • 私はすべての品物をみんなパッキング・ケースに入れてみせるつもりだ。 日本経済新聞社『私の履歴書』より引用
  • 母親が品物を調べているあいだに、父親は商人に小声で話をしていた。 マロ・エクトール・アンリ『家なき子』より引用
  • さて、この品物をかぶっていた人物の特徴について、君なら何が分かる? ドイル・アーサー・コナン『ブルー・カーバンクル』より引用
  • そして、あたりに散らかっている品物を、急いで木箱に収めにかかった。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 懐中の物を奪おうでもなし、荷駄の品物に手をかけようでもありません。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 次へ »