哀しみ

全て 名詞 動詞
1,428 の用例 (0.01 秒)
  • そうしていなければ、死にたくなるほどの哀しみに襲われるのであろう。 牧野修『スイート・リトル・ベイビー』より引用
  • 深い哀しみというのは涙という形をとることさえできないものなのだ。 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 2』より引用
  • 先生と櫂くんと瞳ちゃんの間に、どんな哀しみや痛みがあったんだろう。 野村美月『文学少女シリーズ14 “文学少女”見習いの、卒業。』より引用
  • アザゼルは彼女の肩に手を回し、深いかなしみと同情をこめて抱き寄せた。 山本弘『妖魔夜行 戦慄のミレニアム(上)』より引用
  • 絶望があり幻滅がありかなしみがあればこそ、そこに喜びが生まれるんだ。 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 2』より引用
  • 哀しみなのか喜びなのか自分にもわからない熱さに押されて出かけて行く。 岩井志麻子『ぼっけえ、きょうてえ』より引用
  • しかしけい子にはそんな音子の内的な哀しみの色は知らないはずだった。
  • 鉄平の死から二カ月半経っていたが、誰の胸にもそのかなしみは深かった。 山崎豊子『華麗なる一族 下』より引用
  • 生命と死などいう問題が、年若い私の心に深い深いかなしみを起こしました。 国木田独歩『春の鳥』より引用
  • これほど人間の哀しみが読む者の心に迫ってくるメグレ物もめずらしい。 シムノン/長島良三訳『メグレと口の固い証人たち』より引用
  • それらはメリヨンのパリでの生活での哀しみを謳ったことを示している。
  • 笑いながらも、ふたりともその裏に哀しみがあることを理解していた。 大野木寛『ラーゼフォン第01巻』より引用
  • 俺の、人々の、その時受けた哀しみといかりと苦痛は決して救済されない。 浅井ラボ『されど罪人は竜と踊る』より引用
  • そう思うと僕はある種の哀しみを感じないわけにはいかなかった。 村上春樹『国境の南、太陽の西』より引用
  • えに堪えていたかなしみが、急にせきを切って流れだしたかのようだった。 平岩弓枝『旅路(中)』より引用
  • だが、彼女の感情をうしなった声の底には、血のにじむようなかなしみがあった。 森村誠一『分水嶺』より引用
  • 持って行っても、もう啼かないのに、といった口調にも哀しみがあった。 平岩弓枝『御宿かわせみ 13 鬼の面』より引用
  • 胸の中にきあがってきたのはかなしみではなくて、はげしいいかりだった。 上橋菜穂子『獣の奏者 Ⅰ 闘蛇編』より引用
  • その顔にあった不審ふしんが疑問へと変わり、すぐ理解を経たかなしみになる。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第09巻』より引用
  • 狂気って、逃れられない哀しみから逃れるための唯一の方法なんだって。 西野かつみ『かのこん 第12巻 ~ちずるメリーゴーラウンド!~』より引用
  • 次へ »