哀しい

全て 形容詞
1,172 の用例 (0.01 秒)
  • これまで生きてきたなかで、いまほど哀しい思いをしたことはなかった。 山本一力『あかね空』より引用
  • ある意味では、人間の哀しさを知ったことが、私の不幸かも知れません。 立原正秋『冬の旅』より引用
  • 無表情なそれらの中にひとつ、何処か哀しげな表情をしたものがあった。 菊地秀行『吸血鬼ハンター12c D-邪王星団3』より引用
  • 兄が死んだ山海関の戦闘の様子が見えたところで、それはかなしいだけだ。 久世光彦『陛下』より引用
  • 父親があははむずかしいなあと酒くさいきれたように言うのも哀しかった。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第03巻』より引用
  • 受話器を取ると、女は一瞬嬉しいような哀しいような複雑な表情をした。 新井満『尋ね人の時間』より引用
  • そしてすぐに、何かがようやく終わったようなかなしさがこみあげてきた。 新城十馬『蓬莱学園の初恋!』より引用
  • そんな哀しい出来事を、ガラスに映った自分は穏やかな目で眺めていた。 奈須きのこ『歌月十夜 01 本編』より引用
  • 咲子が目の前で死んだことも、これっぽっちも哀しいと思えないんだよ。 野村美月『文学少女シリーズ01 “文学少女”と死にたがりの道化』より引用
  • さっきまで懇願といってもいいほどのかなしさがあったのがうそのようだ。 林真理子『ピンクのチョコレート』より引用
  • 遠子先輩は驚きの表情を浮かべたあと、すぐに哀しそうな目になった。 野村美月『文学少女シリーズ08 “文学少女”と神に臨む作家 下』より引用
  • たとえそうだとしても、この哀しさはそんなこととは比べ物にならない。 新堂冬樹『ある愛の詩』より引用
  • 何時の頃からか大事な事を意識しなくなった自分が哀しかったからだろう。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第2話』より引用
  • けど、ぼくがじっと待っていると、かなしそうな目をして、話してくれた。 野村美月『文学少女シリーズ05 “文学少女”と慟哭の巡礼者』より引用
  • そうして、私の好きなたちの詩ではないが、哀しい、きれいな詩を書いた。 森茉莉/早川暢子編『貧乏サヴァラン』より引用
  • こんな透明な声を持つ少女に、こんな哀しげな顔をさせちゃいけない。 大迫純一『神曲奏界ポリフォニカ ポリ黒03 プレイヤー・ブラック』より引用
  • 五六 天と地と大空を創った者は哀しい心になんと焼印を押したことか。 ハイヤーム/黒川恒男訳『ルバイヤート』より引用
  • どこかかなしく、どこか疲れたような表情でごきょうやたちを見上げた。 有沢まみず『いぬかみっ!07』より引用
  • 彼はなぜかとても哀しそうな眼をしていて、その瞳に自分の姿が映っていた。 伊島りすと『ジュリエット』より引用
  • そんなふうに思うと、少しかなしい気もしたし、少しなぐさめられる気もした。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第02巻』より引用
  • 次へ »