咲子

全て 名詞
1,023 の用例 (0.01 秒)
  • 事故はそこで起きたものであり、咲子はその際に娘の名前を叫んでいた。
  • おまえさえ咲子に写真を見せなけりゃあんなことにならなかったんだぞ。 高橋克彦『緋い記憶』より引用
  • 雄一には、こんな場所に咲子が一人で来たこと自体が信じられなかった。 岡島二人『そして扉が閉ざされた』より引用
  • そして、日本中にいる咲子のような子供たちを死なせたくないと思った。 伏見健二/高井信/山本弘『妖魔夜行 魔獣めざめる』より引用
  • むろん昼間のことだから、咲子は撮影所のほうへ出かけて留守であった。 横溝正史『山名耕作の不思議な生活』より引用
  • 咲子が目の前で死んだことも、これっぽっちも哀しいと思えないんだよ。 野村美月『文学少女シリーズ01 “文学少女”と死にたがりの道化』より引用
  • そもそも、咲子の恋人が孝ちゃんじゃなかったという証拠もあるのかい。 高橋克彦『緋い記憶』より引用
  • 咲子さん自身の口からあんたが聞き出したとしか思えないじゃないですか。 高橋克彦『緋い記憶』より引用
  • なぜ咲子が一人で別荘を出て行ったのかという質問に、正志はそう答えた。 岡島二人『そして扉が閉ざされた』より引用
  • 咲子を殺したのがあたしだって正志君に思わせ続けることができるって思った。 岡島二人『そして扉が閉ざされた』より引用
  • 雄一と鮎美のことが咲子に知れ、そのためにすべての人間関係が崩れた。 岡島二人『そして扉が閉ざされた』より引用
  • 咲子は、アイスピックを持ったまま車で飛び出したのかも知れないわね。 岡島二人『そして扉が閉ざされた』より引用
  • 咲子は小躍りつきで承知し、後の二人も渋々、おれとの別れに同意した。 菊地秀行『トレジャー・ハンター16 エイリアン蒼血魔城』より引用
  • 咲子と同じ歳ということは、この鮎美も雄一より三つ下だということだ。 岡島二人『そして扉が閉ざされた』より引用
  • 田所さんにそれを話した時には、まだ咲子さんの失踪が発覚していない。 高橋克彦『緋い記憶』より引用
  • 正志君が、まず一人で咲子と雄一さんをバイクで捜しに行ったでしょう? 岡島二人『そして扉が閉ざされた』より引用
  • あなたが言う通り、事故ではなくて、咲子は殺されたのかも知れない。 岡島二人『そして扉が閉ざされた』より引用
  • と言ひさうに咲子は彼を見たが、さういふ時の目は余り感じがよくなかつた。 徳田秋声『チビの魂』より引用
  • 咲子は生きている兄がいると知ったときに、信じられないような気持であった。 坂口安吾『明治開化 安吾捕物』より引用
  • そして、咲子の死体はアルファロメオに乗せられて、あの崖に運ばれた。 岡島二人『そして扉が閉ざされた』より引用
  • 次へ »