咲く

全て 動詞
3,324 の用例 (0.01 秒)
  • 一千万円の映画に咲く花と一億円の映画に咲く花は根本的に違うのです。 つかこうへい『傷つくことだけ上手になって』より引用
  • あかはなあおはなや、しろい、いいにおいのするはながたくさんいていました。 小川未明『花とあかり』より引用
  • あねしろはなしたからはなれて、自分じぶんまちほうあるいていきました。 小川未明『灰色の姉と桃色の妹』より引用
  • 人間のうちに、そうした花の咲くのは壁にうどんげの開くとおなじだ。 泉鏡花『紅玉』より引用
  • その花の咲く曠野を越えて、父や母の住む国へ行くことを考えるだろう。 阿刀田高『時のカフェテラス』より引用
  • 少しで咲くことができそうだったのに、なんのとがもなく奪われた生命を。 久美沙織『小説 エマ 2』より引用
  • 花の中では桜の花が咲いているのを下で見ているのが一番好きだわ。 村松友視『百合子さんは何色 ―武田百合子への旅』より引用
  • レンゲという植物は、一つの根からいくつもの花がくようになっている。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編01 くちづけよりも熱い拳』より引用
  • 人間のうちに、うした花の咲くのは壁にうどんげのひらくとおなじだ。 泉鏡花『紅玉』より引用
  • むしろ、何かやりたい事を見つけた時に花が咲くのかも知れないと思った。 ZUN『東方儚月抄 第02話 「三千年の玉」』より引用
  • 咲いた花の様な顔つきをして肇はそれから急にいろいろの事を話した。 宮本百合子『千世子(二)』より引用
  • 友と共に見上げた七葉樹には飾燈ネオンのような美しい花が咲いていました。 梶井基次郎『橡の花』より引用
  • その、顔の前を横切った右手を見てから、花がくような笑顔になった。 喬林知『今日からマ王 第13巻 「これがマのつく第一歩! 」』より引用
  • しかし誰に何と言われようが、私は石を割って咲く南部の子であります。 浅田次郎『壬生義士伝 下』より引用
  • 芸術が民族の生活のうえに咲く花だということを私はすでにいつた。 伊丹万作『映画と民族性』より引用
  • 多分二、三年のうちには花が咲いて実が生るかもしれんと楽しんでいる。 牧野富太郎『植物一日一題』より引用
  • 竹の花が咲くと流感が流行るという説があったが今年はどうであったか。 寺田寅彦『変った話』より引用
  • 地上では三千年に一度咲くとも言われている幻の花と同じ名前の植物である。 ZUN『東方儚月抄 第02話 「三千年の玉」』より引用
  • 同時に同アニメの花咲こべに役として声優を務めることも発表された。
  • 黄金花咲く陸奥の文化は有耶無耶の関を越えてわが出羽に来たのである。 村山俊太郎『平泉紀行』より引用
  • 次へ »