和解

全て 名詞
4,779 の用例 (0.01 秒)
  • 彼とその父親に話をすれば、ある種の和解をすることができると信じた。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書2』より引用
  • 伸子には保の死について多計代の責任を感じる和解しがたい思いがある。 宮本百合子『道標』より引用
  • それは神のみが支配することの出来る完全と和解と諧調との世界である。 戸坂潤『現代哲学講話』より引用
  • 少しばかりのやさしい言葉で、その二つを和解させようとつとめていた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • その時、簡単に、両村のものの和解をさせて来たあらましを父に告げた。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • それはドイツとの和解を日本が仲介しつつあるからではないかと思われた。 伊藤整『太平洋戦争日記(一)』より引用
  • その妹と和解できぬまま、翌日の汽車で東京にもどってきたのである。 李成『砧をうつ女』より引用
  • つまり日米和解して譲歩する一歩手前まで事態は行っていたのである。 伊藤整『太平洋戦争日記(一)』より引用
  • 自分の存在が二人の和解を邪魔じゃまするなんて、あってはならないことだ。 橘香いくの『ブランデージの魔法の城2 魔王子さまと鏡の部屋の秘密』より引用
  • 宇宙人と和解してから、さっそく犬をみんな売ってしまったのだろうか? ラヴクラフト全集1『04 「闇に囁くもの」』より引用
  • これ以上の犠牲を出さないためにも、一刻も早い双方の和解が待たれる。 福井晴敏『∀ガンダム(上)』より引用
  • 夫のオブロンスキーとのあいだも、和解後は屈辱的なものになってきた。 トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』より引用
  • 心の中で戦っている力の和解を表現するために、微笑しさえすればよかった。 ヘッセ/高橋健二訳『ガラス玉演戯(下)』より引用
  • 真剣な葛藤のないところに、真摯な和解もまたありうるはずはなかった。 栗本薫『真夜中の天使4』より引用
  • これがさっき僕の言った和解の場面だということは、はっきりわかったろう? アンデルセン/神西清訳『即興詩人(下)』より引用
  • サタスウェイト氏が何か飲んで一服しようといい出して和解をはかった。 クリスティ/赤冬子訳『三幕の殺人』より引用
  • というのは、その一人の人のためなら、全人類と和解してもいいからですよ! 宍戸儀一『フランケンシュタイン』より引用
  • 全くどんなに、どんなに私はこの瞬間に彼らとの和解を願ったことだろう! ドストエフスキー/中村融訳『地下生活者の手記』より引用
  • だが、この室内の変化にもまもなく慣れて、気持ちの上で和解できた。 カフカ/中井正文訳『変身』より引用
  • 米中和解の臨時ニュースがはいったら、政府はどうするのだろうか。 星新一『きまぐれ星のメモ』より引用
  • 次へ »