和穂

全て 名詞
5,161 の用例 (0.02 秒)
  • 考えてみれば、和穂は自分と同じ年齢の娘と話すのは初めてだったのだ。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録03 泥を操るいくじなし』より引用
  • 和穂の言葉を聞いても殷雷いんらい表情ひょうじょうはいつもと変わりがないように見えた。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編05 最後の宝貝』より引用
  • この意見に対してだけは細い方の和穂からの容赦のない言葉はなかった。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編05 最後の宝貝』より引用
  • まだ、腹が立つ和穂だったが、いつまでも怒っているわけにはいかない。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録03 泥を操るいくじなし』より引用
  • 酔っぱらったまま、目を閉じていたせいで和穂は思わずねむっていたのだ。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編01 くちづけよりも熱い拳』より引用
  • 和穂は笑いながら、顔の横で手をニギニギとじたり開いたりしている。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編01 くちづけよりも熱い拳』より引用
  • 影絵かげえのような真っ黒の男の人が現れて、私に和穂さんの話をするんです。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録04 夢をまどわす頑固者』より引用
  • 必死になり否定しようとする玲夢に比べて和穂は、純粋に景陣をめた。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録02 嵐を招く道士たち』より引用
  • 和穂の力が十、俺の力が千だとしても、千十にはならずに千のままだ。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録02 嵐を招く道士たち』より引用
  • 言いながらも、和穂は自分の胸が痛むのを感じ、不思議な気分になった。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録04 夢をまどわす頑固者』より引用
  • どんな感じに変わって見えるか、聞きたかった和穂は少し不満だった。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録03 泥を操るいくじなし』より引用
  • もしも和穂が水の中に居たのなら完全に動きを封じられていただろう。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編05 最後の宝貝』より引用
  • だが、四人の和穂たちは、その能力を持つ宝貝を所持していたのだった。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編05 最後の宝貝』より引用
  • 和穂の兄と、斬像矛という厄介事やっかいごとに注意力のほとんどを使っていたのだ。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録04 夢をまどわす頑固者』より引用
  • 梨乱は東の果てに行ったと教えてもらい、和穂はさらに梨乱の後を追う。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録03 泥を操るいくじなし』より引用
  • 互いの攻撃はまだ衝突しょうとつしない間合いだと和穂は判断しているのだろう。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編05 最後の宝貝』より引用
  • だまって、和穂のするがままになっていた柚香だったが、やっと口を開いた。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編01 くちづけよりも熱い拳』より引用
  • もう少しばかり説得力のある説明を細い方の和穂は考えようとした。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編05 最後の宝貝』より引用
  • あらしの前の雲のように、近くの雲が和穂たちと混じり合おうとしている。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録04 夢をまどわす頑固者』より引用
  • 殷雷が少し速度を落とし、和穂の横に並んで、彼女の顔をのぞき込んだ。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録02 嵐を招く道士たち』より引用
  • 次へ »