和洋折衷様式の建物

3 の用例 (0.00 秒)
  • 木造二階建、和洋折衷様式の建物であり、能登半島から大工を呼んで建築に当たらせ、ヒノキが使われている。
  • 現在は、オーベルジュスタイルのペンションが併設され、和洋折衷様式の建物はそのロビーに、蔵はカフェバーに、旧店舗部分はレストランとしてそれぞれ利用されている。
  • 昭和23年に梼原町の町組によって北町に建設された大正時代の和洋折衷様式の建物で、芝居や映画上映など住民の娯楽の殿堂「梼原公民館」として親しまれていたが、平成7年9月に東町に修復移転し今日に至っている。