和洋折衷の建築

5 の用例 (0.00 秒)
  • 鉄筋コンクリート造の洋式建築に和風の屋根を載せた和洋折衷の建築様式である。
  • ガラス板でもって張った窓のある家もまだ神戸界隈かいわいに見られないころに、開港の記念としてできた最初の和洋折衷の建築である。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • コンクリート造りのビルに瓦屋根を載せた帝冠様式とよばれる和洋折衷の建築物で、上から見ると日の形になっている。
  • しかし、神戸こうべ村の東の寂しく荒れはてた海浜に新しい運上所うんじょうしょが建てられ、それが和洋折衷の建築であり、ガラス板でもって張った窓々が日をうけて反射するたびに輝きを放つ「びいどろの家」であるというだけでも、土地の人々をよろこばせた。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • 亡父から譲り受けた家は戦災を免れた和洋折衷の建築で、耐用年数はとっくに超えている。 浅田次郎『姫椿』より引用