和歌山電鐵

67 の用例 (0.00 秒)
  • 和歌山電鐵の本社も本駅構内にあり、貴志川線の中枢となる駅である。
  • これは和歌山電鐵移管後に合理化のために貴志駅を無人駅化したことも背景にある。
  • 古くより三社をお参りする人が多く、この三社を結ぶ形で和歌山電鐵貴志川線が走っている。
  • 輸送量は1997年以降減少していたが、和歌山電鐵に運営移管後は増加に転じている。
  • この内、毛筆体の駅名標が残るのは当駅のみとなっていたが、和歌山電鐵転換後に新しいものとなっている。
  • そして2006年には南海貴志川線が和歌山電鐵に継承され、現在に至っている。
  • なお、和歌山電鐵貴志川線・貴志駅の「たま」は名誉駅長とはなっていない。
  • やがて右手から和歌山電鐵貴志川線が寄り添ってくると、和歌山駅に到着する。
  • 現在の紀の川市貴志川町の西部、和歌山電鐵貴志川線の沿線にあたる。
  • 和歌山電鐵の出発式当日には、伊太祈曽駅で小嶋の姿を見つけた老婦人達から手を合わせて感謝されたという逸話も残っている。
  • 貴志川線の和歌山電鐵への移管に伴い2006年4月1日から無人駅とされた。
  • 貴志駅は和歌山県紀の川市貴志川町神戸にある和歌山電鐵貴志川線の駅である。
  • 貴志川線は2006年より和歌山電鐵に経営が移管されている。
  • なお、和歌山の和歌山電鐵貴志川線のように自治体の財政事情から第三セクターは設立せず、民間事業者を公募して補助金を交付する方式もとられている。
  • 旅客運賃収入は1997年以降減少していたが、和歌山電鐵に運営移管後は増加に転じている。
  • 任命式においては、同様に和歌山電鐵から正式に任命されて話題を呼んだ貴志川線貴志駅のたま駅長からも祝電が贈られた。
  • ただし運賃等の支払いは電車内で行う形になっており、駅窓口ではもっぱら一日乗車券や和歌山電鐵グッズなどの販売を行っている。
  • たま駅長就任の話題は多数のテレビニュースや新聞でも取り上げられ、たま駅長目当ての乗客が日本各地から和歌山電鐵に乗車して貴志駅を訪れるようにもなった。
  • 和歌山電鐵株式会社は、和歌山県和歌山市に本社を置き、鉄道路線貴志川線を経営する会社である。
  • 同様のデザインを施した「たま電車」は先に和歌山電鐵に登場したが、車体ロゴが2270系では「たま電車」であったり、イラストのたまの絵の数などに違いがみられるなど、若干デザインに差がみられる。
  • 次へ »