和歌山藩

36 の用例 (0.00 秒)
  • 明治三年の和歌山藩の取締令の如く、この必要から起った当然の帰趨であった。 喜田貞吉『エタに対する圧迫の沿革』より引用
  • そしてそれはひとり和歌山藩のみではなかった。 喜田貞吉『エタに対する圧迫の沿革』より引用
  • 後に頼宣が紀伊国和歌山藩に移封されると、これに従い年寄衆を勤めた。
  • 常陸国水戸藩、駿河国駿府藩を経て紀伊国和歌山藩の藩主となった。
  • 戦後は和歌山藩に招聘され、同藩の軍制改革に参与している。
  • 例えば和歌山藩では数え8歳未満、金沢藩では数え15歳未満は含めていなかった。
  • 和歌山藩についてはテストケースとして適用が除外された。
  • 和歌山藩は将軍家に近いことから財政的に幕府への依存を深め、これが一方で幕府財政を圧迫する要因となった。
  • 紀州和歌山藩の絵師山名広政の子として、江戸麹町で生まれる。
  • 幕府は天領である別子銅山には、四千人の従業員と家族たちが食べる糧米を、西条藩に対しては和歌山藩が合力米二万石を支給してきた。 小堺昭三『明治の怪物経営者たち(2)』より引用
  • 明治元年の紀州藩の藩政改革では、徴士権弁事に任ぜられ、明治4年4月には和歌山藩大参事心得となる。
  • なお、葛野藩は和歌山藩の支藩であるため、実際には家臣を和歌山から送って統治するだけで、頼方は和歌山城下に留まっていたと言われている。
  • また同じく信貞養子で直之の実弟である有宗・氏吉兄弟は、氏行が真田信之に仕えて松代藩の重臣となり、氏吉は紀伊和歌山藩に仕官した。
  • 明治2年の版籍奉還によって和歌山藩知事となり、明治4年の廃藩置県で東京府に移住する。
  • 享保13年の数字は、和歌山藩の総人口が元禄12年と同一であり、元禄13年の誤記である可能性が高い。
  • 和歌山藩に忠勤を励んでいたのだが、天保生れの祖父弥膳の代から、維新後の差別撤廃を天皇の恩として教えたに違いない。 大岡昇平『幼年』より引用
  • 加賀藩には3万両、仙台藩には1万5千両、西国の姫路藩・和歌山藩・佐賀藩には銀200貫目が貸与されたとされている。
  • 廃嫡後は徳川綱教により紀伊和歌山藩の家老に取り立てられた。
  • 明治元年和歌山藩大参事となる。
  • 紀伊和歌山藩の御附家老は次の4家である。
  • 次へ »

和歌山藩 の使われ方