和歌山バス

29 の用例 (0.00 秒)
  • 現在は和歌山バス那賀で南海和歌山市駅に唯一入る路線バスとなっている。
  • また、かつては和歌山バスの和歌山シャトル仕様の車両を前ドアのみにしたタイプの車両も所属していた。
  • 以下の路線が乗り入れ、和歌山バスにより運行されている。
  • かつての和歌山バス時代は、当営業所のメイン路線で1時間当たり各駅停車と急行バスを含め3本も運行していた。
  • なお、車両はかつらぎ町が所有し、運行管理はすべて和歌山バス那賀へ委託されている。
  • このほか、土曜日・休日に和歌山バス那賀により岩出駅からの路線が運行されている。
  • 実際の運行業務は和歌山バス那賀に委託している。
  • 熊取・粉河線が和歌山バス那賀の単独運行となり、カード類が利用可能となった後もこの制度は続けられたが、2012年10月より和歌山バス那賀の単独運行となり、前述したカード類の利用が可能になった。
  • 東側一帯は田畑と宅地が広がっているが、ターミナルの和歌山市駅へは並行する和歌山バスの便が良く、住民は専らバスを利用していた。
  • 阪堺電気軌道・和歌山バスなどの子会社に関しても、導入時期は多少遅れながらもこのロゴマークを親会社に追随して導入している。
  • 和歌山バス・和歌山バス那賀については和歌山駅と和歌山市駅の乗車券売り場と各営業所で購入できる。
  • かつて和歌山バスで運行していた下記の2路線の他、笠田駅前- 丹生都比売神社と旧花園村までの間運行する。
  • 海南駅・和歌山駅・南海和歌山市駅から概ね15分間隔で会場までの和歌山バスによる直行バスが運行されていた。
  • 和歌山バス・和歌山バス那賀共通で利用できる降車時の運賃払いで小銭不要のバスカードが発売している。
  • 高槻市は自動車NOx・PM法の適用区域ゆえに、初期に導入されたワンステップ車については一部が地方の事業者への譲渡が始まり、すでに広島県の呉市交通局のほか、八戸市営バス・南部バス・くしろバス・北海道中央バス・富山地方鉄道・熊本電気鉄道・南国交通・和歌山バス那賀などに譲渡されている。
  • 和歌山バスの下記の路線が乗り入れている。
  • 運行は和歌山バス那賀に委託している。
  • 熊取・粉河線同様に和歌山県岩出と大阪府内をショートカットする路線で、和歌山バス那賀との共同路線であった。
  • 和歌山バスでも和歌山市駅~和歌山駅間で「和歌山シャトル」が運転されていたが、こちらは老朽化で順次一般路線の車両に置き換わっている。
  • 岩出図書館・中迫などで和歌山バス那賀と、那賀総合庁舎・宮で紀の川コミュニティバスと連絡するが、接続が図られているとは言えない。
  • 次へ »

和歌山バス の使われ方