和彦

全て 名詞
2,039 の用例 (0.01 秒)
  • あわてて和彦の腹のあたりを調べたが、そこにも血の跡は見られなかった。 高畑京一郎『タイム・リープ 下』より引用
  • あの家は和彦さんのものになり、彼と結婚する麻子さんのものになるわ。 山村美紗『京都西陣殺人事件』より引用
  • 男子は和彦で最後だから、その殊勲者は女子の中にいるという事になる。 高畑京一郎『タイム・リープ 上』より引用
  • 伊駒和彦といって、入社早々から仕事の面倒をみてくれている人だった。 阿刀田高『空想列車(上)』より引用
  • 和彦が自分でああ決めたのなら、それについて行ってもいい、と思った。 赤川次郎『かけぬける愛』より引用
  • 翔香が階段を降りかけた時、和彦かずひこが這うようにして、部屋から出て来た。 高畑京一郎『タイム・リープ 上』より引用
  • 和彦はいわれた言葉を理解したか、彼に向って包帯を巻いた頭を下げる。 石原慎太郎『化石の森』より引用
  • 和彦は言ったが、そんな物があるようなら、こんな苦労はしなくてもいい。 高畑京一郎『タイム・リープ 下』より引用
  • わかる範囲で和彦の知人に聞いてみたりもしたが、誰も知らなかった。 神永学『心霊探偵八雲 第1巻 赤い瞳は知っている (角川文庫)』より引用
  • もしそうだとすれば、あの和彦が、なんの対応策も取らない筈がない。 高畑京一郎『タイム・リープ 下』より引用
  • さすがの和彦も、中田がここまでの暴挙に出るとは予測しなかったのだ。 高畑京一郎『タイム・リープ 下』より引用
  • 浜口と二人で小林家に行くと、門の前で和彦たち二人が待っていた。 山村美紗『京都西陣殺人事件』より引用
  • 多恵子がガラス・ケースの前で脚を開いて長い眼で和彦をうながした。 阿刀田高『待っている男』より引用
  • 和彦の会社は小牧こまきに工場があるので名古屋へ出張する機会も多かった。 阿刀田高『待っている男』より引用
  • そこに住む謎の男は、和彦の実の父親・元写真家の沢田竜彦であった。
  • 悲鳴を上げたのは、和彦が翔香しょうかを放り捨てるように立ち上がったからだ。 高畑京一郎『タイム・リープ 下』より引用
  • 和彦はまわりの乗客が聞き耳を立てているのではあるまいかと声をひそめた。 阿刀田高『待っている男』より引用
  • 和彦が、信頼できると言い切った関鷹志せきたかしとは、どんな男なのだろうか。 高畑京一郎『タイム・リープ 下』より引用
  • 父を逮捕たいほしようとして和彦と喧嘩けんかをした若い刑事にちがいない。 赤川次郎『かけぬける愛』より引用
  • 少なくとも高校程度の数学ならば、和彦に解けない問題はないだろう。 高畑京一郎『タイム・リープ 上』より引用
  • 次へ »