和子

全て 名詞
5,037 の用例 (0.03 秒)
  • 警察では和子が小包みを受けとったすぐあと、犯人に殺されたと考えた。 西村京太郎『歪んだ朝』より引用
  • 酔いたいという思いは、和子がこの世にいなくなってからは消えていた。 勝目梓『炎』より引用
  • 和子の答えが、三千代が予想していたものとまるで違っていたからだった。 平岩弓枝『旅路(下)』より引用
  • しっかりお墓まで持って行って、〇〇佐和子之墓を建ててもらうのがいい。 阿川佐和子『笑ってケツカッチン』より引用
  • それからも二、三度訪ねてみたが、結局和子に再会することはなかった。 阿刀田高『花惑い』より引用
  • このとき、笹野和子がそこにいたのは、不幸な偶然と言うべきだろうか。 津村秀介『湖畔の殺人』より引用
  • カウチからベッドまでのわずかな距離を歩いていく和子の姿は輝いていた。 勝目梓『炎』より引用
  • キーホルダーからは、すでに和子のマンションの部屋の鍵は消えていた。 勝目梓『炎』より引用
  • もちろん、TVを見ている方は、それが和子だと思って見るに違いない。 赤川次郎『幽霊湖畔』より引用
  • 誰に預けたかもわからないのに、和子を殺したんだろう、あんたたちは。 勝目梓『炎』より引用
  • それは場所柄もわきまえず、和子に声を出させるほどの執拗さであった。 津村秀介『湖畔の殺人』より引用
  • ぼくは先生が佐和子に答えたのと同じように、閻魔ちゃんに答えてやった。 吉田修一『最後の息子』より引用
  • つまり、二十一日の午後一時五十分には、和子は、生きていたことになる。 西村京太郎『歪んだ朝』より引用
  • だが沙和子は相変わらず、仕事上の必要事以外ほとんど話をしなかった。 堺屋太一『油断!』より引用
  • 頷いてフィルムの保管棚を捜す佐和子に、矢的の興奮した声がかかった。 高橋克彦『偶人館の殺人』より引用
  • とテーブルに四人前のセットがしてあるのを見ながら、和子が訊いた。 森瑤子『デザートはあなた』より引用
  • 和子さんが告発とノートのことで殺されたと考えるのも、ぼくの推理だ。 勝目梓『炎』より引用
  • 佐々木和子が先頭だったが、これは顔を上げてまっすぐに歩いている。 松本清張『波の塔(上)』より引用
  • 和子はすぐに、自分の倍近くも幅のありそうな男を案内してきた。 赤川次郎『怪盗の有給休暇』より引用
  • 広子はいまのところはまだ、和子は強盗に殺されたもの、と思っている。 勝目梓『炎』より引用
  • 次へ »