和夫

全て 名詞
1,120 の用例 (0.02 秒)
  • 井深が技術部長の岩間和夫に開発を指示したのは昭和三十二年秋のこと。 中川靖造『創造の人生 井深大』より引用
  • ベッドの脇の丸椅子に座った和夫は首を振り、窓越しに夜空を見上げた。 南木佳士『ダイヤモンドダスト』より引用
  • 妻の死後、和夫は女と視線を合わせて会話することができなくなった。 南木佳士『ダイヤモンドダスト』より引用
  • 採用後すぐに抜けた村上の代わりに山田和夫が編集助手に採用される。
  • 和夫という男名前の戸籍を持つ通名つうめい蘭子と棲むようになって五年になる。 ヒキタクニオ『消し屋A』より引用
  • たまたま笠原和夫が撮影を観ていて、ひっくり返って喜んでいたという。
  • その後、マイナーチェンジに向けての開発も山羽和夫のもと進められた。
  • 和夫の隣の席に座っていた色の白い女の人が声をかけてきた。 南木佳士『ダイヤモンドダスト』より引用
  • 大学に進学する級友たちは和夫のおだやかすぎる選択をなじる者もいた。 南木佳士『ダイヤモンドダスト』より引用
  • 他人が和夫をどこか陰のある男と見ていたのは、そのためである。 上野正彦『死体は知っている』より引用
  • 和夫がこのあたりまえの事実を確認するのには、少し時間がかかった。 南木佳士『ダイヤモンドダスト』より引用
  • 従順なこの少年こそ、和夫にとって信頼できる最後の人に見えてきた。 上野正彦『死体は知っている』より引用
  • 和夫たち職員は、あたりまえのことが実行されたことに大いに驚いた。 南木佳士『ダイヤモンドダスト』より引用
  • 北村和夫が左翼思想の熱心な信奉者だった、というわけではないだろう。 村松剛『三島由紀夫の世界』より引用
  • 自分が育てた子供に叱られている祖父に、和夫はそっと尋ねたことがあった。 上野正彦『死体は知っている』より引用
  • 畑を売った金だけで、松吉と和夫が二十年以上食っていける額になった。 南木佳士『ダイヤモンドダスト』より引用
  • だから和夫にしてみれば、表沙汰おもてざたにしたくなかったということらしい。 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで』より引用
  • 二男の朝海和夫も外交官で、欧州連合日本政府代表部部大使を務めた。
  • M銀行に入って三年目になる和夫とT大生の満と浪人中の士郎である。 柏原兵三『徳山道助の帰郷』より引用
  • しかし、医師としての香坂の技量には和夫も脱帽せざるを得なかった。 南木佳士『ダイヤモンドダスト』より引用
  • 次へ »