和名の由来

287 の用例 (0.00 秒)
  • 羽縁が白い羽がササの葉に見え、和名の由来になったと考えられている。
  • 黒い冠羽が頭上に長く伸びており角のように見えることが和名の由来である。
  • この行動が臼と杵で米をつく動作に似ているため、和名の由来となった。
  • 和名の由来は大型のサクラソウで花がヤマザクラに似ていることによる。
  • 頸部の毛衣がやや薄色で、輪状に見えることが和名の由来になっている。
  • 和名の由来は、他のスミレと比べて葉が大きく黄色の花であることによる。
  • さらにその周囲に三角形状の黒い斑紋が入り、和名の由来になっている。
  • 和名の由来は、花期の全草を乾燥させてものが民間薬とされたためという。
  • 殻の形が丸型で平べったく鏡に似ていることが和名の由来である。
  • 日本に分布するウ科の構成種では最小種で、和名の由来になっている。
  • この斑紋が花のように見えることが中国語名や和名の由来と考えられている。
  • 日本に飛来するタシギ属の構成種では最大種で、和名の由来になっている。
  • 和名の由来は果実が丸くて白いのを真珠に似ているとすることによる。
  • 咽頭部に垂れ下がった袋状の皮膚が発達することが和名の由来になっている。
  • そのため、見かけは小さなミカンを想わせ、和名の由来にもなっている。
  • 額および眼上部にある眉状の斑紋は白く、和名の由来になっている。
  • この唇弁の開いた様子がシラサギが翼を広げた様に似ていることが和名の由来である。
  • その先端に赤い背鰭が付いており、これが和名の由来となっている。
  • 和名の由来は、黄色の花で葉の形状が馬の蹄に似ていることから。
  • ヨシを切り裂いて中にいる獲物を捕食するとされ、和名の由来とされる。
  • 次へ »

和名の由来 の使われ方