命を狙う

163 の用例 (0.00 秒)
  • 知らない人間の一人一人が自分の命を狙っていると思ってもいいのに。 アンデルセン/神西清訳『即興詩人(上)』より引用
  • 彼は、自分の命をねらっている人間が、ここにいることを知らないだろう。 西村京太郎『悪女の舞踏会』より引用
  • 驚いたことに、采女は相手が前嗣とも知らずに命を狙っていたのである。 安部龍太郎『戦国秘譚 神々に告ぐ(上)』より引用
  • それぞれの判断から、彼の命をねらいかねない向きは、東にも西にもある。 山田風太郎『忍法流水抄』より引用
  • 彼と初めて会ったのは、ナギがまだ死神で、神名の命をねらっていたころだ。 花鳳神也『死神とチョコレート・パフェ 3』より引用
  • 命を狙ってるくせにヘンなところで先輩も頭にヒヨコ飼っていたりする。 奈須きのこ『歌月十夜 20 夢姫』より引用
  • 犯人が警察に捕まらない限り、いずれは僕も命を狙われるかもしれない。 乾くるみ『リピート』より引用
  • 誰に金をもらっておれの命を狙ったんだ、という日本語はわかるか? 勝目梓『抱け、そして撃て』より引用
  • われわれの命をねらっているものが、すぐそばにいてはゆっくり話せません。 デフォー/佐山栄太郎訳『ロビンソン・クルーソー』より引用
  • よほど出来が悪くなければ、人々から命をねらわれるようなことはあるまい。 西村京太郎『夜ごと死の匂いが』より引用
  • 鼻をもぎ取られたガンビーノは、数々の殺し屋に依頼し鬼龍の命を狙う。
  • 声の主は決意に満ちていて、確かに若だんなの命を狙っているようであった。 畠中恵『うそうそ』より引用
  • 命を狙われるかもしれない 「諸将時代じゃあるまいし」新城は言った。 佐藤大輔『皇国の守護者2 名誉なき勝利』より引用
  • その犯人とはおそらく、二十四年前に漆山の命を狙った人間と同一だからだ。 松岡圭祐『千里眼 美由紀の正体 下』より引用
  • それが原因で命を狙われるようになり、仲間たちが次々と殺されてしまった。
  • この事で主人公は帝国に命を狙われる事となり帝国軍を離反することになる。
  • 組長の命を狙った鉄砲玉の親筋の極新会と三矢組は兄弟縁組をしている。 森村誠一『棟居刑事の推理』より引用
  • 何せ本気で命を狙っている敵が、少なく見積もっても十数人いるのだから。 岩井志麻子『恋愛詐欺師』より引用
  • そして何らかの事情で命を狙われているのがめぐみさんだとしてみましょう。 鮎川哲也『朱の絶筆』より引用
  • 命を狙われる覚えはなかったが脛に傷を持つ身の覚えは山ほどある。 勝目梓『抱け、そして撃て』より引用
  • 次へ »

命を狙う の使われ方