呼べる

全て 動詞
2,126 の用例 (0.01 秒)
  • たぶん僕たちが見かけたミルクを使って、呼べばもどってくるようにね。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・齊藤重信『シャーロック・ホームズ全集(上)』より引用
  • 自分たちに親戚と呼べる者がいることなど、まるで知らなかったからだ。 東野圭吾『赤い指』より引用
  • やがて川はあさく広くなり、岸と呼べるようなものがなくなってしまった。 久美沙織『ドラゴンクエスト5 第1巻 文庫版』より引用
  • その他にもシグマではない一般的な超能力と呼べる能力も劇中に登場する。
  • それは記憶というよりも、長く接していなかった感覚と呼べるものだった。 松岡圭祐『千里眼 美由紀の正体 下』より引用
  • 機械的な視線には敵意も好意も、感情と呼べるものが何一つとしてない。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第01巻 リグザリオ洗礼』より引用
  • 一部戦闘とは呼べない事件を、物語上重要な場面であれば項目として含む。
  • 俺があいつにつけられた傷は、もう傷なんて呼べるものじゃないんだ。 奈須きのこ『月姫 太陽(シエル・グッドエンド)』より引用
  • やがてその瞳に、感情とも呼べないほどかすかな変化の色が浮かんだ。 小池真理子『虚無のオペラ』より引用
  • 短い間でしかなかったがたしかにあの時間、ふたりは友と呼べる仲だった。 亜瑠『アブナイふたり』より引用
  • だがこの人達は、どう考えてみても敵と呼べるような人達ではなかった。 コンラッド/岩清水由美子訳『闇の奥』より引用
  • ただし、彼の頭のなかで渦巻いているものを考えと呼べるなら、の話だ。 フレドリック・ブラウン『発狂した宇宙』より引用
  • 屈強くっきょうな男たちに囲まれているのは、まだ子供と呼べる小柄こがらな少年だった。 雪乃紗衣『彩雲国物語 外伝 1 朱にまじわれば紅』より引用
  • ただしこれは今のところ定訳と呼べるものでは無いので注意が必要である。
  • 罪と呼べないほどの罪で刑場に引き出されていく民を見るのは辛かった。 小野不由美『十二国記 10 華胥の幽夢+漂舶』より引用
  • わたし自身の受けた教育は最も基本的な応用科学と呼べるものだった。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書3』より引用
  • つまり、本来は複数人の所属が認められなければバンドとは呼べない。
  • ここには鷲の巣にふさわしい、山と呼べるようなしろものは一つもない! P・J・ファーマー『階層宇宙の危機』より引用
  • 彼らの業績は、ある意味で今日の積分の始まりとも呼べるものであろう。
  • どこの領主のものにも属さない、本当の地の果てと呼べるようなところ。 流星香『プラパ・ゼータ 4 玻璃色の迷宮』より引用
  • 次へ »