呼べる規模

7 の用例 (0.00 秒)
  • 集落はムラと呼べる規模まで拡大していたが、米丸の噴火活動により居住不適となったとされる。
  • 植民地時代から20世紀前半まで長い間、チャラジャベは小さな町か村にすぎなかったが、20世紀末にかけて人口が増加し、小都市と呼べる規模に成長した。
  • 燃焼が火災と呼べる規模のものになっていることが必要であり、また、将来の火災を予期して消火妨害に相当する行為に及んでも原則として本罪を構成しない。
  • 徳川幕府の制度上では陣屋という扱いになるが、規模としては惣構えで、南北約650m、東西約450mもあり、城と呼べる規模であった。
  • しかし、これらのバンドの出現は、まだまだムーブメントと呼べる規模には至らず、短期間で解散してしまうバンドも多かったため、一般には中々浸透するには至らなかった。
  • 以上のグリゴーリーを中心とした物語の本筋の他に、ブンチュークを中心とした中編と呼べる規模の物語や、リストニーツキーやミシカ・コシェヴォイの話も複雑に絡まりあう。
  • ボーリューの屋敷は元々ブーリン家の郊外の別荘だったが、1516年に王室に買い上げられた後、ヘンリー8世が1万7000ポンドもの大金を費やして宮殿と呼べる規模に増改築したものである。