呼べる男

8 の用例 (0.00 秒)
  • 友人と呼べる男は何人かいたが、みんな先に死んでしまった。 山本弘『サーラの冒険 Extra 死者の村の少女』より引用
  • 義直などは、〝三人の中でゆいいつ将軍の器と呼べる男〟と評するほどだ。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • サリにはわたしの友だちと呼べる男がひとりいるのだが、サリへいく道がわからないのでね。 バローズ/関口幸男訳『栄光のペルシダー』より引用
  • 結婚して夫と呼べる男と子供とともに〝巣〟をもってこそ初めて、彼女は社会や世間に何ら気兼ねなく顔を向けることができる。 小池真理子『悪の愛情論』より引用
  • なのに自分は調べるべきことを放りだし、よりによって敵とも呼べる男の手助けをしていたのだ。 喬林知『今日からマ王 第10巻 外伝 「お嬢様とは仮の姿!」』より引用
  • もう、若いと呼べる男ではない。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ06 人面魔獣の挑戦』より引用
  • 光國の親族であり、その筆頭とも呼べる男だった。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • 大学を中退し、水商売と呼ばれさげすまれる世界に、足を踏み入れた篝にとって、昔ながらの友人と呼べる男は、同人雑誌の仲間であった玖島太郎ぐらいのものだった。 梶山季之『女の警察』より引用