呼べる存在

60 の用例 (0.00 秒)
  • 時代的に言えば、「武士」と呼べる存在は国風文化の成立期にあたる平安中期に登場する。
  • それ以前には特定の高校野球選手に社会現象に近いような形で女性ファンが集まったことはなく、「甲子園球児のアイドル」の元祖と呼べる存在である。
  • 預言を読み解くことができる第七音素の意識集合体であるため、「星の記憶そのもの」とも呼べる存在である。
  • 香奈子は大手の興信所にいた頃からの同僚で、異性では唯一の親友と呼べる存在だ。 柴田よしき『好きよ』より引用
  • 彼のことが大好きで性的関係もあっておしやべりも楽しくて、明らかに恋人と呼べる存在でも、そういうふうな「恋」な気持ちにはならない関係もある。 山本文緒『結婚願望』より引用
  • ロイガーとツァールは、クトゥルフ神話として分類される一連の怪奇小説などに登場する、人間よりはるかに強大な力を持った神とも呼べる存在である旧支配者の一員である。
  • ハミルトンは「ディーゼル機関車の父」と呼べる存在である。
  • 言動や優雅な振る舞い等からも、他の者とは住む次元の違う雰囲気を漂わせる、まさに神童とも呼べる存在である。
  • 彼は不意に、自分にこれまで友だちや恋人と呼べる存在がいなかったことに気づき、これまでの孤独で無為な人生を後悔し、友だちを作ろうと決めた。
  • 晃とはライバル会社ということもあり敵対関係だったが、その後アリシアも含め3人で合同練習を行ううちに緩和され、今では3人ともお互いに親友と呼べる存在となっている。
  • 現在、日本ボクシング界のエースと呼べる存在である。
  • この頃は、プログラマとハードウェア設計者との区別は難しく、どこからがプログラマでどこからが回路設計者かは議論あるいは解釈の余地があるが、回路変更作業の増大と高度複雑化に伴い、徐々にプログラマと呼べる存在が確立していった。
  • この湯恩伯軍は、古くから江北の戦線で日本軍と戦闘を交え、前年の宜昌攻略後も日本軍と第一線で対峙していたため、第11軍の宿敵とも呼べる存在であった。
  • 現在、果たしてこの世界に人間と呼べる存在がどれだけ残っているか分からないが、凉子は人類社会の終焉を見届ける羽目になった、そんな一握りの生存者たちの一員だった。 虚淵玄『沙耶の唄 BADEND』より引用
  • その後、楓は預けられた先の寺田家で、桜子と若葉の姉妹、そしてもう一人の母と呼べる存在・百合乃と出会う。
  • 雪子には、伯父と呼べる存在は、秀太郎一人しかいない。 新津きよみ『婚約者』より引用
  • このアンダーワールドという異常かつ究極の仮想世界において、俺は生まれて初めて、同性の親友と呼べる存在を得たのだ。 九里史生『SAO Web 0405 第七章02~転生Ⅱ』より引用
  • 同紙は「馬三郎」同様に1紙で最大36レースの馬柱を掲載するスタイルを取っており、実質的に「馬三郎」の前身とも呼べる存在だったが、馬柱の掲載ミスを起こしたため、創刊後わずか3週間で廃刊に追い込まれている。
  • ロボットの平和利用の理論を提案するライトとは対照的に、ワイリーの理論は常に独自性が強過ぎて、なおかつ過激的な物ばかりであり、大学の教授達にとって、理解し難いワイリーは俗に言う「異端児」とも呼べる存在であった。
  • バスケットボールリーグは野球やフットボール、ホッケーなどの他のメジャースポーツリーグほど成熟しておらず、創設間もないNBAの存在もまだまだ小さいものであり、スター選手と呼べる存在はマイカンくらいだった。
  • 次へ »

呼べる存在 の使われ方