呼べる存在である

18 の用例 (0.00 秒)
  • もう一人の主人公と呼べる存在である。
  • 特に以下の4作は、質の高さゆえにファイナルファンタジーの顔と呼べる存在である。
  • パールーデは初期の冷たい菓子と呼べる存在であり、紀元前400年には既に存在していた。
  • サーレフニヤーはクラブの父と呼べる存在であり、彼は1973年にクラブの監督に就任し、1998年まで監督を続けた。
  • それ以前には特定の高校野球選手に社会現象に近いような形で女性ファンが集まったことはなく、「甲子園球児のアイドル」の元祖と呼べる存在である。
  • 預言を読み解くことができる第七音素の意識集合体であるため、「星の記憶そのもの」とも呼べる存在である。
  • ロイガーとツァールは、クトゥルフ神話として分類される一連の怪奇小説などに登場する、人間よりはるかに強大な力を持った神とも呼べる存在である旧支配者の一員である。
  • ハミルトンは「ディーゼル機関車の父」と呼べる存在である。
  • 言動や優雅な振る舞い等からも、他の者とは住む次元の違う雰囲気を漂わせる、まさに神童とも呼べる存在である。
  • 現在、日本ボクシング界のエースと呼べる存在である。
  • 「もう一人のヴェノム」と呼べる存在である。
  • キューバにとって、野球は国技と呼べる存在である。
  • 「オメガ」は星が終焉を迎える時に現れるハイウェポンで、全ての生命を1つに集め、宇宙へと飛び立ち、生命を終わりから始まりへと導く生命の箱舟とも呼べる存在であり、「カオス」はそのオメガの対となる存在で、オメガが現れる時に全ての生命を刈り取る存在でもある。
  • 特に石井一久は天敵とも呼べる存在であり、1997年の後半戦に横浜がヤクルトを猛追した時も、9月の直接対決時に石井からノーヒットノーランを喫したことをきっかけにチームは急失速した。
  • 国電の祖とも呼べる存在である。
  • 現在、ハドソン川の西岸に当たるジャージーシティのエクスチェンジプレイス付近はゴールドコーストと呼ばれ、住宅や商業施設、オフィスなどが立ち並ぶ土地として開発が進められており、当タワーはそのランドマークとも呼べる存在である。
  • ステーツマンは牡馬のクラシック競走優勝産駒は輩出しなかったが、前述のハルステーツは1945年、太平洋戦争の混乱による競馬休止中に盛岡で行われた種牡馬選定2400メートル競走甲級で、二大牧場からの出走馬を抑えて優勝しており、「幻のダービー馬」とも呼べる存在である。
  • 彼は、このワープドツアーの他にも「Taste of Chaos」など、他の大規模ロックフェスティバルの発起人でもあり、正にこの業界の第一人者とも呼べる存在である。