呼べる存在

60 の用例 (0.00 秒)
  • 葉鍵板のマスコットとも呼べる存在で、当初は叩き用に使用されていた。
  • 当時のマイナーリーグ監督の中では、名将と呼べる存在だったと言える。
  • たとえば伯要にとって魚支吾は、心からそう呼べる存在だっだだろうか。 井上祐美子『五王戦国志8 天壌篇』より引用
  • それ以上に、従兄弟と呼べる存在とは最初から縁がないのだった。 新津きよみ『招待客』より引用
  • さいとうたかをの絵に衝撃を口にする一方で、師匠と呼べる存在はいないと語る。
  • 俺と修は一つの受精卵から分かれた一心同体とも呼べる存在なんだ! 派虎衆『伝説の剣士のつくりかた』より引用
  • 内藤にもし宿敵と呼べる存在がいるとしたら、それは柳をおいて他にはありえない。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • ラスコには母と呼べる存在がなかったので、トアルバ夫人が母親代わりを務めていた。 遠藤雅伸『小説 ゼビウス』より引用
  • また、雑誌の連載で「師匠と呼べる存在」と呼ばれたこともある。
  • もう一人の主人公と呼べる存在である。
  • 特に以下の4作は、質の高さゆえにファイナルファンタジーの顔と呼べる存在である。
  • パールーデは初期の冷たい菓子と呼べる存在であり、紀元前400年には既に存在していた。
  • 私の人生で教祖と呼べる存在があるなら、それは葉月だ。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • どの種類も現地での水生昆虫の王者と呼べる存在となっているが、日本産に比べて身体が大きくても、前肢がやや小さい種類が多い。
  • サーレフニヤーはクラブの父と呼べる存在であり、彼は1973年にクラブの監督に就任し、1998年まで監督を続けた。
  • 唯一の友人と呼べる存在が自身の背中に背負ったぬいぐるみだけという、孤独な彼女であったが、ある日彼女は女装した青年を客にする。
  • ただ一人、全てを話していた施設の職員、その頃にはもう親友と呼べる存在になっていた男だけは、彼をぎゅっと抱きしめて送りだしてくれた。 恒川光太郎『夜市』より引用
  • なお、京阪および阪急の路線は京都駅を通っていないが、両者とも市内のターミナル機能は複数の駅に分散しており、中心駅と呼べる存在の駅はない。
  • 本作品の大ヒットを受けて、同様の手法を用いた映画作品がホテル・空港・港から駅、災害や海難事故に至るまで、さまざまなモチーフを元に製作されるようになり、本作品はいわばグランド・ホテル形式の元祖と呼べる存在となった。
  • ツァトゥグァはクトゥルフ神話として分類される一連の怪奇小説などに登場する、人間よりはるかに強大な力を持った神とも呼べる存在の1柱である。
  • 次へ »

呼べる存在 の使われ方