呼べる作品

18 の用例 (0.00 秒)
  • いわゆる「パリ写真」の系譜に連なり、都市写真と呼べる作品を多く撮影した。
  • また韓愈は詩のみならず、散文で文学と呼べる作品を残し、韻文中心だったそれまでの文学に新しい流れを作った。
  • ソロデビュー10年目で初の1位であり、4週連続1位の大ヒットを記録し、浜田の代表作と呼べる作品となった。
  • 難しいとされた旧作より難易度はかなり落とされたが、ゲームバランスに関しては評価が高く、同シリーズの代表作と呼べる作品である。
  • ベートーヴェンはカンタータと呼べる作品を11曲残している。
  • その為1986年にゴールデン・ハーベストを離れてからは、ヒット作と呼べる作品は極僅かで、1990年以降の出演映画は日本国内では映像ソフト化されていない。
  • 名実ともにソウルシリーズの集大成と呼べる作品であり、あらゆる面で前作よりもパワーアップしている。
  • 有名映画のパロディ作品という事で、オリジナルに比べ面白みのない作品と思われがちだが、この映画は、単純にパロディとは侮れない作品で、有名な映画のキャラクターを借りることで、規定された運命から逃れられない者の顛末を描いたSF悲劇とも呼べる作品である。
  • 監督業に進出した他の役者と違い、所謂「大作」や賞レースに関わる作品には出演せず、自らのプロダクションで製作した小規模ともB級とも呼べる作品でのみ主演し、監督業と俳優業を両立しながら地位を確立した。
  • 同シリーズで過去に廣済堂より刊行された「グランドホテル」の続編とも呼べる作品で、前作の聖ヴァレンタイン・ディの夜に起こる様々な出来事に対して、今作は夏の一夜限り、このホテル周辺だけで見られる流星群の夜・「星降りの夜」に起こる奇跡を描いている。
  • マリオシリーズの実質的なエピソード1とも呼べる作品で、マリオとルイージがコウノトリに2人の両親の家に運ばれる途中からマリオとルイージが両親のもとに届けられるまでが描かれる。
  • さらにラジオドラマを含めるなら「シットコム」と呼べる作品はもっと古くから存在する。
  • 本作品は、ソウル・ミュージックを大胆に取り入れた前作から次作『ロウ』でのクラフトワークなどの影響による電子音楽への傾倒までの間に制作されており、その中間点とも呼べる作品である。
  • スピンオフ作品『ブルー・ブラッド』は、この火星都市に住む者たちの群像劇であり、本作の裏舞台とも呼べる作品である。
  • 前2作のセルフ・パロディと呼べる作品に仕上がった。
  • ヴィダー監督による『群衆』と同じ名前の主人公を配した、『群衆』の続編とも呼べる作品である。
  • 作・編曲も多数手掛け、特に編曲に関しては、現代邦楽・現代音楽などの一般の聴衆にはわかり辛い物ではなく、三味線を主体にしてあらゆる邦楽器を駆使し、柔らかで美しいハーモニーを用いた「邦楽オーケストラ」とも呼べる作品を送り出している。
  • アーケード版『ドンキーコング』でデビューしたマリオが当時のアクションを使う、マリオの原点回帰とも呼べる作品である。