呼べる人物

9 の用例 (0.00 秒)
  • なお、エキストラは数回登場していたがゲストと呼べる人物は上記の2名のみであった。
  • なんにせよ、現在は恋人と呼べる人物はいないらしい。 熊谷雅人『ネクラ少女は黒魔法で恋をする』より引用
  • 確信をもって自分の客と呼べる人物だけを、志津子はリストアップすることになった。 阿部牧郎『誘惑街の女たち』より引用
  • このようなゲーム作品のメディアミックス展開によって誕生した派生作品や、その影響を受けた作品では、作中に主人公と呼べる人物が複数登場することになる場合もある。
  • 主人公と呼べる人物はおらず、企業や野球部に関連する人物など様々な視点で書かれた原作とは異なり、ドラマでは青島製作所の社長・細川充を焦点に当てているためか、多くの設定などが原作と異なっている。
  • また、マープルの原型と呼べる人物が、『アクロイド殺し』に既に登場している。
  • 物語の主人公と呼べる人物は3人存在し、地球側の主人公として界塚伊奈帆、火星側の主人公としてスレイン・トロイヤード、その中心に位置する主人公としてアセイラム・ヴァース・アリューシアを挙げており、複数の人物からなる群像劇を意識しているのだという。
  • タンホイザーは、バーベンベルク家のオーストリア公フリードリヒ2世に仕えていたという記録が残る実在の人物で、放蕩生活を送っていたとされる、ドイツの李白とも呼べる人物である。
  • これらの番組で、「日本人で唯一、ミハエル・シューマッハをシューミと呼べる人物」と紹介され、実際にシューマッハをはじめ担当したF1ドライバーとは強い信頼感で結ばれている。