呼ぶ場合が多く

15 の用例 (0.00 秒)
  • 勤務のことを「直」と呼ぶ場合が多く、勤務体制により次のように呼ばれる。
  • トラック・コースなどと呼ぶ場合が多く、サーキットとは呼ばないことが多い。
  • またこれ以降はこちらの形をフランケンシュタイナーと呼ぶ場合が多くなり、クイック技としての使用が普及している。
  • その場合、義姉と書いて「あね」と呼ぶ場合が多く、対象者より年上であるとは限らない。
  • その場合、義弟と書いて「おとうと」と呼ぶ場合が多く、対象者より年下であるとは限らない。
  • その場合、義妹と書いて「いもうと」と呼ぶ場合が多く、対象者より年下であるとは限らない。
  • その場合、義兄と書いて「あに」と呼ぶ場合が多く、対象者より年上であるとは限らない。
  • 日本においては、1960年代までに流行したフランスの歌謡曲全般をシャンソンと呼ぶ場合が多く、これらを日本語訳でカバーしたものもシャンソンに分類される。
  • プロバスケットボールでも、最高責任者をコミッショナーと呼ぶ場合が多く、NBAでは2014年からアダム・シルバーが務めている。
  • 日本語では日本標準産業分類・細分類の「7013-西洋料理店」をレストランと呼ぶ場合が多く、日本標準産業分類・細分類の「7011-一般食堂」は食堂と呼ばれる場合が多い。
  • 正確には表面に浮き彫りを施したものをカメオ、沈め彫りを施したものをインタリオというが、カメオとインタリオをまとめて「カメオ」と呼ぶ場合が多く、また、カボッションカットの石の表面に女性の肖像画を印刷をしたものも「カメオ」として販売されていることがある。
  • ギリシャ以外では、肉のみの状態ではなく、ピタに挟んだ状態のものをギロス、ヒーロス、イーロス、ジャイロスと呼ぶ場合が多く、スブラキやドネルケバブと混同されることもしばしばある。
  • 公団、公社、事業団、特殊銀行、金庫、公庫、特殊会社など多岐にわたる形態があり、多くは「特殊法人」と呼ぶ場合が多く、公団や事業団などを指す場合が多い。
  • 単発的に取得する場合を「ボランティア休暇」と呼ぶのに対し、一定期間連続して休暇を取得する場合は「ボランティア休職」と呼ぶ場合が多く、「ボランティア休暇」が有給休暇扱いであるのに対し「ボランティア休職」の場合は雇用保障だけで無給対応となる場合が多い。
  • 中学校・高校では「体育祭」と呼ぶ場合が多く、また「大運動会」「体育大会」「スポーツ大会」「スポーツフェスティバル」「体育学習発表会」などの呼び名もある。