呼ぶことが多く

69 の用例 (0.00 秒)
  • 米国ではガソリンをガスと呼ぶことが多く、ガス欠はこれに由来する。
  • 一般的にガスクロとも呼ぶことが多く、ガスクロ工業という会社も存在した。
  • 日本ではMOTと呼ぶことが多く、英語圏でもこの略称は一般的に用いられる。
  • 現在は下級武士の住まいである侍屋敷も武家屋敷と呼ぶことが多くなっている。
  • 旧暦は中国では農暦と呼ぶことが多く、この場合新暦は公暦と呼ぶ。
  • 近年、大学が自分で開発した商品を「大学ブランド」と呼ぶことが多くなっている。
  • 逆にいくつかの累層をまとめて層群と呼ぶことが多く、より大きくまとめて超層群などと言うこともある。
  • 明治後期には、四大法律学校に帝国大学と日本法律学校を加えて「六大法律学校」と呼ぶことが多くなった。
  • 昔のドイツ系住人はフリッツタウンと呼ぶことが多く、現在も企業によっては使っている。
  • 生産者は桜桃と呼ぶことが多く、商品化され店頭に並んだものはサクランボと呼ばれる。
  • 日本では本機を「ウルツブルグ」と呼ぶことが多く、本項のタイトルもそれに基づく。
  • 地元では当駅を「京八」と省略して呼ぶことが多く、駅ビルの通称もこれにちなんだものである。
  • 以降、人形浄瑠璃を指して「文楽」と呼ぶことが多くなっていった。
  • 江戸時代以降、武家屋敷と共に武家町も消滅したが、現代では侍町を武家町と呼ぶことが多くなっている。
  • その場合、文学を対象とする全ての分野を覆うものではなく、古い文章の本文批判、作者認定などの領域は文献学と呼ぶことが多くなっている。
  • 利用者はこれを駅と呼ぶことが多く、鉄道関係者も時に停車場、時に駅と用語を混用した。
  • ただし現在の日本では、ラテン文字を用いての日本語の表記法、および表記そのものをローマ字と呼ぶことが多く、本項目での記述はこれに相当する。
  • そういった統合型のソフトウェアのことをアーカイバと呼ぶことが多くなったが、用語本来の意味に従えばデータ圧縮は必須の機能ではない。
  • 他の人を呼ぶときは「さん」をつけて呼ぶことが多く、地球人からは「モアちゃん」と呼ばれる場合が多い。
  • 日本の大学受験業界においては、この主張をはさみうちの原理と呼ぶことが多く、これを用いて解く問題が頻出するために重要視されている。
  • 次へ »