呪術

全て 名詞
2,092 の用例 (0.01 秒)
  • ほかの呪術師じゅじゅつしたちのなかにも、そういうものを知っているという者がいた。 上橋菜穂子『守り人シリーズ10 天と地の守り人 第三部』より引用
  • 彼には関西呪術協会への特使として西に行ってもらう事になったのじゃ。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • 魔術・呪術においては光に対応する闇としてなど、多様な象徴性を持つ。
  • 理論系呪術ってのは、実は理解してしまえば誰にでもできるものなんだ。 神埜明美『ジュリエットと紅茶を ―ようこそ、呪殺屋本舗へ―』より引用
  • 異教の呪術じゅじゅつを用いているわけでも、なにか特別な力があるわけでもない。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅱ (電撃文庫)』より引用
  • 其部分にかゝる時には、一種の呪術を行ふことになつてゐたものらしい。 折口信夫『日本文学の発生』より引用
  • 日本では、丑の刻参りが呪術的な行為によるものの代表的なものである。
  • あの小説は、あたしにとって呪術じゅじゅつの性質をもっていたようにおもいます。 倉橋由美子『聖少女』より引用
  • 一応、それぞれの呪術自体に効力の長さというものが 決まっています。 むぅ『「未来に向かって」』より引用
  • ザルアーがかつて優れた呪術師であったことを想い出したにちがいない。 山田正紀『宝石泥棒』より引用
  • 歴史と世界のあらゆるところで、呪術と宗教とはあい並んで存在している。 フレーザー/永橋卓介訳『悪魔の弁護人』より引用
  • 一方、魔術に似た概念として文化人類学などで呪術が定義されている。
  • 呪術が信じられている社会では、ろう人形に針を刺されて死ぬ人間もいる。 篠田真由美『玄い女神 建築探偵桜井京介の事件簿』より引用
  • 自分が持っている象徴を次から次へと組立ててゆく呪術的芸術ですね。 長部日出『鬼が来た 棟方志功伝(下)』より引用
  • ゲームによっては死者復活までもが呪術医によってなされてしまう物もある。
  • これは人形同様本体との呪術的な関係性をイメージしてと考えられる。
  • これらは死者が生き返らないようにするための呪術的な意味合いを持つ。
  • あれは私たちの使う呪術の中でも禁忌として 恐れられているのです。 むぅ『「未来に向かって」』より引用
  • 丹塗りとは赤い色のことだが呪術的な意味を持っていたことが指摘される。
  • それが名前を建御雷に変えられた事で、呪術の神が剣の神になった。 ZUN『東方香霖堂 ~Guriosities of Lotus Asia』より引用
  • 次へ »