周章狼狽

162 の用例 (0.00 秒)
  • この連中は毒を見破られたと聞くと周章狼狽して急いで降りて行った。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(下)』より引用
  • これで凡人の国民が周章狼狽するのも無理とは言われないのである。 伊藤整『太平洋戦争日記(三)』より引用
  • 突然やつて来た二人の巡査の脅威的な存在が、この周章狼狽の原因であつた。 リラダン『殘酷物語』より引用
  • そして誰も今自分等がとった周章狼狽しゅうしょうろうばいのありさまを極り悪く思って笑い濁した。 ルブラン・モーリス『探偵小説アルセーヌ・ルパン』より引用
  • 一体あの女のこの周章狼狽は何から起ったことでしょうか。 海野十三『地獄の使者』より引用
  • 周章狼狽、コマネズミのように逃げださんとする姿勢をとったのであった。 遠藤周作『ぐうたら交友録』より引用
  • 周章狼狽は極めてはいるけれども、全く失神迷乱しているわけではない。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • だから、十一時の会合まで、予期せぬ周章狼狽をするようなことはなかった。 ホーガン『創世記機械械』より引用
  • その唯一頼みとする力が通用しないとなれば、周章狼狽するもむべなるかな。 森福都『長安牡丹花異聞』より引用
  • 最初の周章狼狽ぶりを見てしまったせいだろうし、何かにつけて井上啓一郎と引き比べていたせいもある。 宮部みゆき『孤宿の人 (上)』より引用
  • 行動力がなければ、大事が起ると周章狼狽ろうばいし、悩んだり考えたりする。 黒岩重吾『落日の王子 蘇我入鹿(下)』より引用
  • ユロ母娘おやこが周章狼狽しているのを見て、はじめて真相を悟ったという顔をした。 バルザック/佐藤朔訳『従妹ベット(上)』より引用
  • 伊奈方面の武田諸将は、思いもかけぬ住民の叛乱に周章狼狽ろうばいした。 池宮彰一郎『本能寺(下)』より引用
  • ご想像のとおり、彼らの周章狼狽しゅうしょうろうばいぶりは非常なものだった。 デフォー/佐山栄太郎訳『ロビンソン・クルーソー』より引用
  • 周章狼狽ろうばいするわたしを見て、あのひとは気の毒がってすぐ立ち去ろうとしました。 横溝正史『金田一耕助ファイル18 白と黒』より引用
  • と一瞬周章狼狽したが、すぐにそんなわけはないと思い直した。 九里史生『SAO Web 0401 第一章~第三章』より引用
  • 米友といえども全く周章狼狽せざるを得ません。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 秋山氏の名を聞いて、昨日の私のにわかな周章狼狽しゅうしょうろうばいを、彼ならどう思うだろうかと考えた。 宮部みゆき『名もなき毒』より引用
  • 周章狼狽しゅうしょうろうばいし、心得を忘れ、つづけて二突き当て、もうすこしで勝ちそうになる。 ドーデ/大久保和郎訳『月曜物語』より引用
  • しばらくすると、周章狼狽した廷臣たちの怒鳴り合う声が、次々と耳に入ってきた。 森福都『長安牡丹花異聞』より引用
  • 次へ »