周波数解析

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • ここでは、ウィグナー分布が時間周波数解析においてどのように用いられるかについての例を挙げる。 ...
  • 分数次フーリエ変換は時間周波数解析や DSP に用いられることがある。 ...
  • ウィグナー分布は、入力信号の位相が二次以下の場合に最も時間周波数解析に適する。 ...
  • 単純には、離散フーリエ変換で周波数解析を行い、そのピーク値を取り出すことで分析を行う。 ...
  • マスター曲線と、関連するWLF式があれば、機器による限界を越えた時間スケールにおける高分子の力学的性質を、多周波数解析の結果を外挿することにより予測することができる。 ...
  • 代数的に、位置-運動量の関係は時間-周波数の関係と同様に正準共役関係にあるので、この変換は信号処理の分野において時間-周波数解析に用いられる。 ...
  • 信号処理の例としては、ノイズの載った信号から元の信号を推定するノイズ除去や、時間的な先の値を推定する予測、時間周波数解析などを行う直交変換、信号の特徴を得る特徴抽出、特定の周波数成分のみを得るフィルタなどがある。 ...
  • 離散フーリエ変換とは次式で定義される変換で、フーリエ変換に類似したものであり、信号処理などで離散化されたデジタル信号の周波数解析などによく使われる。 ...
  • 心拍変動を周波数解析した際にみられる高周波成分です。 ...
  • Mayer波は、心拍変動を周波数解析した際にみられる低周波成分であり、血圧の変動と同期している。 ...
  • 非調和解析は分析窓の影響を受けにくいため、高い周波数分解能を有し、これまでの周波数解析法に比べ10万 〜 100億倍の精度向上が見込めるため、信号の微小な変化も解析することができる。 ...
  • NHAは分析窓の影響を受けにくいため、高い周波数分解能を有し、これまでの周波数解析法に比べ10万 〜 100億倍の精度向上が見込める。 ...
  • ウェーブレット変換は、周波数解析の手法の一つ。 ...
  • 音響光学型スペクトル分析器とは、電波望遠鏡の受信機からの電波を音響光学偏向素子に送り、レーザー光の回折効果を利用して周波数解析を行う装置のこと。 ...
  • 統計力学、量子化学 、量子光学、古典光学、および電子工学、地震学、音楽の時間周波数解析、生物学のスペクトログラム、合成音声、エンジンの設計などの信号処理を行なう幅広い分野で応用されている。 ...