周波数変調

65 の用例 (0.00 秒)
  • アームストロングの発明の中でも周波数変調が最もよく知られている。
  • 音声通信は周波数変調、制御はモデムによるデジタル信号で行われていた。
  • この無指向性電波にはある周波数の正弦波が周波数変調されているとする。
  • かれの機械は、ほかのすべてのものと同じように、周波数変調によって通信することになっていた。 ハインライン『地球の緑の丘』より引用
  • 周波数変調とは、情報を搬送波の周波数の変化で伝達する変調方式である。
  • 変調方式はいくつかあり、代表的なものとしては振幅変調と周波数変調がある。
  • 手動交換方式であり、周波数変調で150MHz帯を使用していた。
  • アナログのラジオ放送は一般に振幅変調と周波数変調に分けられる。
  • また、これらの機器は周波数変調、パルス変調など従来は無かった技術を利用している。
  • 音声通信は周波数変調、制御は帯域内トーン信号で行われていた。
  • 当時は周波数変調を用いたのみで、市販の受信機で誰でも会話の内容を傍受できるアナログ式であった。
  • FM音源は周波数変調を用い複雑な倍音を持った金属的な響きを特徴とし、多くのミュージシャンが積極活用した。
  • しかし、AMPEX社の開発チームはビデオ信号を周波数変調してテープに記録する方式を発明した。
  • データ通信においては周波数変調による電信も用いられている。
  • カラー信号の情報を周波数変調して多重しているが、これはNTSCにおいて発生する、カラー信号を付加する際の副作用を防ぐためである。
  • ワウフラッターとは、音響機器の回転部のムラによって発生する周波数変調のこと。
  • 第二音声または差信号で副搬送波を周波数変調した信号とパイロット信号とを主信号または和信号に多重して周波数変調するもので、日本におけるテレビの音声多重放送方式として用いられている。
  • その後もスーパーヘテロダイン方式、超再生回路、周波数変調を発明した。
  • 周波数変調等の場合は振幅が一定であるため、リニアアンプである必要は無く、電力効率が優先される。
  • アナログ信号の位相変調は変調信号を時間微分して周波数変調したものと等価である。
  • 次へ »