周平

全て 名詞
1,051 の用例 (0.01 秒)
  • 周平が黙ってその顔を見ると、彼女も笑みを含んだ眼付で見返してきた。 豊島与志雄『反抗』より引用
  • 云われて始めて周平は、自分が泣き出しそうな顔をしてるのに気づいた。 豊島与志雄『反抗』より引用
  • その言葉で周平は初めて、自分の眼や頬に涙がたまってるのを気づいた。 豊島与志雄『反抗』より引用
  • 周平は顔を挙げて、針の手先から眼を離さないでいる彼女の方を眺めた。 豊島与志雄『反抗』より引用
  • と周平が思ったのは瞬間で、彼女はそっと歩み寄ってきて竹内に云った。 豊島与志雄『反抗』より引用
  • 周平はその顔をちらと見たが、いつもの通りこだわりのない表情だった。 豊島与志雄『反抗』より引用
  • 周平は、二階の室と階下したの室との間を、しきりに往来ゆききするようになった。 豊島与志雄『反抗』より引用
  • 周平はそれを耳にした瞬間から、何だか聞いたような名前だと感じた。 豊島与志雄『反抗』より引用
  • 藤沢周平の同名小説がもととなっているが、第8話は独自のものである。
  • 隆吉は彼女の方を見ないで、周平の顔をじっと見て、それから首肯うなずいた。 豊島与志雄『反抗』より引用
  • 周平はその方へ一寸挨拶をしたきりで、黙って火鉢の上にかじりついた。 豊島与志雄『反抗』より引用
  • 彼女は一寸首を引込めたが、彼女の顔をじっと見ている周平の方へ向いた。 豊島与志雄『反抗』より引用
  • そういう風に云われてくると、周平は妙に気持が真剣になってきた。 豊島与志雄『反抗』より引用
  • お清が出てゆくと同時に、周平は立上って室の中を歩きだした。 豊島与志雄『反抗』より引用
  • この女性は近藤周平の許婚であったと言われる岩田コウという説もある。
  • 明るい電車通りがまぶしいように思われて、周平はまた池の方へ曲り込んだ。 豊島与志雄『反抗』より引用
  • 周平が何とか挨拶をしようと思ってるまに、向うから先を越された。 豊島与志雄『反抗』より引用
  • 周平はそれらの話をぼんやり耳にしながら、自分一人の考えを追求していった。 豊島与志雄『反抗』より引用
  • 周平が大声を出すので、喫茶店きっさてんの中の他の客がびっくりして静まり返った。 赤川次郎『セーラー服と機関銃』より引用
  • 周平はそれらの景色を眺めながら、云い知れぬ悲壮な気持になっていった。 豊島与志雄『反抗』より引用
  • 次へ »