周子

全て 名詞
1,110 の用例 (0.02 秒)
  • 周子の生活は、いつでも誰かに頼れるという安心感で支えられていた。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • さっきより高く響いたその音に、周子は口から心臓が飛び出るかと思った。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 男がその場を動こうとしないかぎり、周子は永遠に座ったままでいただろう。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 自分の言葉の効果を知って安心したのか、周子はさらに言いつのった。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 男がスッとその場を離れ、周子が座っていたソファに力なく腰を落とした。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 高校時代から結婚前まで、周子はミステリーが好きでよく読んでいた。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • はっきり何かを隠していると認めた、と亀山は周子の顔を正面から見つめた。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • さう云つて周子は、また庭の方へ眼を投げてゐる私の顔を見た。 牧野信一『毒気』より引用
  • 実際、電話口に出ていないこの男の鋭いカンに、周子は興味を持った。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 周子は、男が動揺しているのを知って、テーブルの上のリモコンを指した。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 自分の受けたショックと動揺の大きさを伝えようと、周子は早口になった。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 周子は、家からはおって来たベージュのハーフコートを着たままでいる。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 事態はそのときより深刻なのは、すでに周子の身体が直感していた。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 周子は唇に指を押し当て、まだぬくもりが残っているのを確認した。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 近所に住んでいるとしても、少なくとも周子の記憶にはない顔だ。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 引っ越し業者に指示するためには、周子の体が空いていなければならない。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 「直ちゃん」と呼ぼうにも声が出ず、周子は彼のあとをつけて行った。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • その声には、憧憬しようけいや尊敬のようなものが含まれているように周子の耳には響いた。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • その時彼は、突然大きな声を挙げて笑ひ出し、藤井と周子を茫然とさせた。 牧野信一『鏡地獄』より引用
  • 男が周子の家で一昼夜を過ごしたことを、世間はどう受け止めるだろうか。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 次へ »