周子諒

4 の用例 (0.00 秒)
  • 李林甫は周子諒が張九齢の推薦した人物であることを理由に荊州長史に左遷させた。
  • 周子諒は玄宗に宮廷で責められた上で、配流になり、その途上で死ぬ。
  • 監察御史の周子諒と刑部尚書の李適之が、牛仙客に宰相の才は無いと上奏した。
  • 開元25年、監察御史・周子諒が牛仙客を宰相の器ではないと、讖書を引き合いにだしたため、玄宗が怒って周子諒を打ち殺す事件があった。