周子和

8 の用例 (0.00 秒)
  • また、周子和とされる人物の写真も公開されているが、和尚なのに髪を伸ばし道教風の衣装を着ているのは不自然であるとの指摘もある。
  • また、上地流にも周子和伝の「三戦」が伝えられている。
  • ほかに、周子和の本名は、少林寺36房教練の草青和尚であり、官憲の目を誤魔化すために周子和に改名したとの説もあるが、この説も研究者によって各種の矛盾や事実誤認が指摘されている。
  • 上地流は、開祖の上地完文が中国に渡り、中国の武人周子和に教えを受けたパンガイヌーン拳法が基になっており、首里手、那覇手、泊手などの手の流れではなく、本来の意味での唐手の流れをくんでいる。
  • 沖縄の上地流の主張では、周子和は福建省の中央仏教寺の和尚であり、上地完文が湖城道場を出奔した後に師事したとする。
  • 一方、本土の上地流の主張では、上地完文が師事したのはシュウサブであり、沖縄上地流の周子和説を否定する。
  • こうしたことから、上地完文は、沖縄もしく福建省で剛柔流と同系統の那覇手を修業した後、伝系を創作した可能性があり、伝えられる周子和は架空の人物か全くの別人であるという見方も出ている。
  • 白鶴拳との関係は不明であるものの、上地流空手の祖師上地完文は福建省福州にて周子和にパンガイヌーンと呼ばれる拳法を学んでいる。