周子は牧人

12 の用例 (0.00 秒)
  • 狭い空間に一緒にいるのを避けるために、周子は牧人のそばに行った。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 客用の毛布をひざにかけ、周子は牧人の頭をでながら眠ってしまったらしい。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 久美がいなかったら、周子は牧人の相手をするだけでせいいっぱいだったろう。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 言葉を失っている男を前に、周子は牧人をしかりつけた。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 促されて、周子は牧人を抱いたまま台所に行き、まるで怒ったように湯気を吐き、鳴き声を上げているやかんの火をとめた。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 夕飯どきになると,母親を独占したがってむずかるので、周子は牧人を背中におぶっていた。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 自分に言い聞かせるようにして、周子は牧人を揺すり、あやした。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 周子は牧人のれぼったいまぶたを見て、話を始めた。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 周子は牧人を抱き、布団の隅に座り込んでいた。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 周子は牧人のそばにいる。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 夜泣きを理由に、周子は牧人につききりになった。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 周子は牧人をあやし、泣きやませた。 新津きよみ『訪問者』より引用