周子の顔

7 の用例 (0.00 秒)
  • はっきり何かを隠していると認めた、と亀山は周子の顔を正面から見つめた。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • その音に驚いて、牧人が周子の顔をすがりつくような目で見、泣き出した。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 男がソファの肘掛ひじかけにしりを載せ、周子の顔の前にナイフを差し出した。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 母は、尚も同じことを云つて、周子の顔を見たり、天井を眺めて仕様ことなしにあんぐりと口をあけてゐる私を見降したりした。 牧野信一『毒気』より引用
  • 周子の顔は紅潮している。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • すると、周子の顔がひきつった。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 綾は、周子の顔を見慣れている。 新津きよみ『訪問者』より引用