周子の母

6 の用例 (0.00 秒)
  • 房州辺の、あくどいなまりで周子の母は彼にそんなことを頼んだ。 牧野信一『「悪」の同意語』より引用
  • 反つて、彼が出発する時には周子の母は、好く彼に意味の解らない厭味見たいなことを云つたりした位ひだつた。 牧野信一『鏡地獄』より引用
  • 彼は、何とかして、饒舌な周子の母を黙らせてやりたかつた。 牧野信一『鏡地獄』より引用
  • そんなことを云ひながら周子の母は、火鉢に凭りかゝつて、指先きで何か膳の上のものをつまんだり、チビチビと盃を舐めたりしてゐた。 牧野信一『鏡地獄』より引用
  • ヲダハラの母に敵意を持つてゐるといふ心持を仄めかせたり、金銭の話をしたりすると、周子の母が相合さうごうを崩してニヤニヤするのでそんなことで彼は卑賤な愉悦を感じて、恰も七面鳥のやうに呑気な倨傲を示した。 牧野信一『鏡地獄』より引用
  • 周子の母を罵つたのである。 牧野信一『鏡地獄』より引用