周子さん

15 の用例 (0.00 秒)
  • だから周子さん、外に出ない方がいいんじゃない? 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 周子さんも大槻家の老婦人たちも一様に不思議がるのは、雨松軒の照明である。 高田宏『言葉の海へ』より引用
  • その茗荷谷の家へ萩原君が、妹さんの周子さんのご主人の佐藤惣之助君と二人で遊びに来てくれた事があってね。 関容子『日本の鶯堀内大學聞書き』より引用
  • 周子さんがもうそろそろ来るころです。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • あなたのお母さん、周子さんって言うんでしょ? 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 維新のかたき同士が一緒になったのだから仲のいいはずはないと、冗談まじりによく人が言ったものです、とは長女周子さんの回想である。 高田宏『言葉の海へ』より引用
  • でもこういう親子三人みていると、みんな単純な心持で、周子さんなんか、頭もそれなりにきいていて、なかなかいいわ。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • しつけのきびしすぎる妻の目をぬすんで、かげで子供らにやさしくする父、無口だが申しぶんなくいい父、というのが周子さんの父親像だ。 高田宏『言葉の海へ』より引用
  • 周子さんは和服より洋服がすっきりしてきれいよ、和服は妙にごてごてにきるもんだから。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • けさ、周子さんという山崎の娘さんからハガキ来ました。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 周子さん、とケイは名前を呼んだ。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 「学生時代の友達で、亀山さん」と、亀山を紹介したあと、「こちら、高校時代の友達で、柿沼周子さん」と、彼女を紹介した。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 読売新聞社出版局図書編集部の大野周子さんは、ほとんど毎月一度訪れて、闊達な笑顔で、非力な書き手をはげましてくださいました。 皆川博子『乱世玉響』より引用
  • ことに、助手大久保初男の相貌が氏の長女周子ちかこさんの話でゆたかになり、文彦と初男の対照が私にいろいろな思いをさそっている。 高田宏『言葉の海へ』より引用
  • じゃあ、周子さん。 新津きよみ『訪問者』より引用